「○」 内閣支持率低下、不支持率が上回る。

「○」 <毎日新聞調査>内閣支持率36% 前回から10ポイント減
6/18(日) 17:39配信 毎日新聞

 毎日新聞は17、18両日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は36%で、5月の前回調査から10ポイント減。不支持率は44%で同9ポイント増加した。不支持が支持を上回ったのは2015年10月以来。「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法を参院委員会採決を省略して成立させた与党の国会運営や、学校法人「加計学園」の問題への政府の対応などが影響したとみられる。

 調査はコンピューターで無作為に数字を組み合わせて作った電話番号に調査員が電話をかけるRDS法で実施した。


今まで、圧倒的な議席数と支持率の高さをいいことに、私利私欲のままにやりたい放題、乱暴狼藉を重ねてきたアベ「でんでん」だが、さすがにこの所の「やま・かけ・もり」疑惑と共謀罪法案審議での強引な国会運営には、国民も目を覚まさざるを得なかったようだ。

これでアベ暴政の拠り所のひとつである支持率が崩れたのだから、今度は来たるべき総選挙で、もうひとつの拠り所である自公の議席を必ず減らさなければならない。

今の自公の議席は、「アベノミクスで好景気を全国津々浦々に届ける」という大ボラによって掠め取ったものであり、アベノミクスの破たんが明らかになった今、国民はアベ「でんでん」にその責任をきっちりと取らせなくてはならない。

アベノミクスで甘い汁を吸ったのは、政権周辺の一握りの者たちであり、全国津々浦々の国民のほとんどは、物価の高騰や実質収入の減少で苦しんでいる。

憲法改正や共謀罪に対する批判も大事だが、自民王国と呼ばれるような地方の選挙区では、それだけでは票につながりにくいと思われ、アベノミクスの失敗とアベトモによる税金の私物化という、金目(かねめ)の責任をしっかり追及していくことが、総選挙の議席につながっていくのではないだろうか。

今回の支持率低下の流れを止めることなく、アベ政権を追い詰めなければならない。
 

「○」 国際ペンが、「共謀罪」法案に反対を表明。

」 「共謀罪」に国際ペン会長が異例の反対声明
6/5(月) 18:05配信 朝日新聞デジタル

 「共謀罪」法案をめぐり、日本ペンクラブ(浅田次郎会長)は5日、東京都内で会見を開き、法案に反対するジェニファー・クレメント国際ペン会長の声明を発表した。世界の作家らでつくる国際ペンが、日本の国内法案について反対声明を出すのは極めて異例で、2013年の特定秘密保護法案のケースに続く。

 声明は「国際ペンは、いわゆる『共謀罪』という法律を制定しようという日本政府の意図を厳しい目で注視している。同法が成立すれば、日本における表現の自由とプライバシーの権利を脅かすものとなるであろう」としている。

 2月に「共謀罪」への反対声明を出した日本ペンクラブの浅田会長は「国際ペンの反対声明を心強く思う。その反面、恥ずかしい。本来は外国の方からこれは本当はこうだろうというようなことを言わせてはならない。どう考えてもこの法律は必要だとは思えない」と語った。


国連の特別報告者が「共謀罪」法案について懸念を表明していたが、今回は国際ペンが明確に「共謀罪」法案反対を表明した。

共謀罪がなければ国際条約を批准できないとか、東京五輪を開けないとか、ウソ八百を並べ立てる「でんでん」だが、国際社会にはそんなまやかしは通用しない。

野党は結束して、森友・加計・山口の疑惑を追及し、「でんでん」を総理と国会議員の椅子から引きずり下ろし、共謀罪を葬り去らなければならない。
  

「×」 北の脅威って、でんでんの口先だけなのか?

「×」 安倍首相、友人と気分転換のゴルフ 前夜は夫人とBBQ
朝日新聞デジタル 5/5(金) 17:49配信

 大型連休を山梨県鳴沢村の別荘で過ごしている安倍晋三首相は5日、同県山中湖村のゴルフ場で成蹊大時代の友人らとゴルフを楽しんだ。4日に続いて2日連続のプレー。緊迫する北朝鮮情勢など内外に課題が山積する中、気分転換を心がけているようだ。

 首相は3日夕から別荘に滞在。4日午前は鉄鋼ビルディングの増岡聡一郎専務らとゴルフをし、夜には秘書官や昭恵夫人らとバーベキューを楽しんだ。

 北朝鮮が軍事的挑発を繰り返す中での大型連休となったが、首相は先月末に訪問先のロンドンで記者会見した際、「仕事の生産性をあげるためにもメリハリをつけて、ワーク・ライフ・バランスを確保することが極めて重要だ」と説明。「政府も常に課題山積だが、しっかりと対処していくためにも、この連休は私も十分に英気を養いたい」と語っていた。(北見英城)


北朝鮮の危機を煽るだけ煽っておきながら、でんでんはのんきにゴルフにうつつを抜かし、夜はアッキーとバーベキューとは、呆れかえってアゴが外れそうだ。

ワーク・ライフ・バランスの確保とは、まともに仕事をしている人の言うべきことで、アベノミクスも拉致被害者の救出も、やると言ったことは全くできず、自分のやりたい事にだけに固執する人間にそんなことを言う資格はない。

先日も、改憲スケジュールを明言したでんでんだが、勝手なひとりよがりと言うしかない。

国民は改憲に慎重になっており、機が熟したなどというのはでんでんの妄想に過ぎない。

福島の惨状を無視し、東京五輪と改憲を結び付けるなど、言語道断だ。

最優先されるべき課題はアッキード事件の解明だ。

でんでんは自分の言葉に責任を持ち、総理も議員も辞めなければならない。

それが国民の願いだ。

祈るだけでなく、実現しなければならない。
  

「×」 「忖度しろ」とは、悪ふざけもいい加減にしろ!!

「×」 安倍首相「忖度していただきたい」笑い誘う
日本テレビ系(NNN) 4/17(月) 22:25配信

 安倍首相は17日夜、都内の商業施設のオープニングセレモニーに出席し、地元・山口県の物産も積極的に販売するよう「忖度(そんたく)していただきたい」と挨拶した。野党側は「森友学園の問題が終わったと勘違いしている」と批判している。

 安倍首相「GINZA SIXはですね、日本を凝縮して体験できます。おやつには北海道が誇る白い恋人、仙台銘菓の萩の月が買える、食べられるということであります。原稿には残念ながら山口県の物産等々が書いてありませんが、おそらく(店頭には)あるんだろうと思います。よく私が申し上げたことを“忖度”していただきたいとこう思うわけであります」

 森友学園の問題を念頭においた発言は会場の笑いを誘った。しかし、民進党幹部は「疑惑が晴れているわけではなく、笑い話ではない。安倍首相はこの問題が終わったと勘違いしているんじゃないか」と批判している。


悪ふざけにも程がある。

こんな事が言えるというのは、日ごろから忖度されて当たり前と思っているからだと思わざるを得ない。

また、自分の選挙区のことを優先するというのは、総理として国民全体のことを思うべき立場からすれば、大いに問題だ。

それにしても、数日前には北朝鮮のミサイルにサリンが搭載できるなどと、思いっきり危機を煽っておきながら、その舌の根も乾かぬうちに、「忖度してくれ」などと戯言を口にするのだから、その緊張感のなさには呆れて開いた口がふさがらない。

熊本地震から1年の式典では口先だけの挨拶をしておいて、翌日は喜び組を集めての桜を見る会で、アッキーともども大はしゃぎという厚かましさ。

自分はやりたい放題やりながら、国民には危機を煽って共謀罪で自由を縛り、アメリカとの戦争に突き進む「でんでん」は、一刻も早く退陣させなければならない。
  

「×」 でんでんアベの蝙蝠外交は完全に破綻。

「×」 米のシリア攻撃支持=「事態深刻化を防ぐ」―安倍首相
時事通信 4/7(金) 15:41配信

 安倍晋三首相は7日午後、米国によるシリアのアサド政権に対する軍事攻撃について「化学兵器の拡散と使用は絶対に許さないとの米国政府の決意を日本政府は支持する。これ以上の事態の深刻化を防ぐための措置と理解している」と表明した。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相はアサド政権の化学兵器使用について「何の罪もない多くの一般人が犠牲となった。幼い子どもたちもが犠牲となった惨状を目の当たりにし、国際社会は大きな衝撃を受けている」と指摘。「極めて非人道的であり、国連決議にも反する」と強く非難した。

 また、首相は北朝鮮の核・ミサイル開発を念頭に「東アジアでも大量破壊兵器の脅威は深刻さを増している」と強調。「国際秩序の維持、同盟国と世界の平和と安全に対するトランプ大統領の強いコミットメントを日本は高く評価する」と述べた。 


トランプべったりのでんでんだが、シリアの背後にいるロシアと敵対する覚悟があっての発言なのだろうか。

予定されている訪露は、果たして実現できるのか、何か成果を上げられるのか。

さも北方領土返還に結果を出すかのような期待を持たせながら、何の成果もなく、壮大な税金の無駄遣いに終わった去年のプーチン来日。

中韓との関係は冷え切ったままだし、秋波を送っていたロシアには足元を見られて貢ぎ損、結局トランプにすがりつくだけの体たらくだ。

シリアだけでなく、北朝鮮に対しても軍事的対応に傾いているトランプに無批判に追随していけば、日本が戦争に巻き込まれる危険も現実のものとなってくる。

でんでんを退場させなければ、国民の安心安全は保障されない。
  
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示