「×」 お前が言うか?2題。

「×」 石原元都知事、舛添氏の問題は「あまりにもミジメ」
日刊スポーツ 5月19日(木)15時30分配信

 作家の石原慎太郎・元東京都知事は19日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見した。

 外国メディアから、舛添要一都知事による政治資金の公私混同問題について問われ、「舛添さんの問題はね、あまりにもミジメな話」と述べた上で、「何度も結婚して離婚しているから、お金がないんじゃないかと思う」と述べた。会場は爆笑に包まれた。

 舛添氏はこれまでに、片山さつき参院議員を含め、2度の結婚と離婚を経験。現在の3人目の雅美夫人とは、96年に籍を入れ、1男1女をもうけている。


舛添都知事が資金問題で連日大バッシングを受けているが、石原氏も都知事時代、舛添氏に優るとも劣らぬほど、公金で贅沢三昧やりたい放題やっていた。

<舛添より酷かった石原慎太郎都知事時代の贅沢三昧、登庁も週3日! それでも石原が批判されなかった理由>

自分のことは棚に上げて、他人を非難し笑いものにするとは、本当に傲慢で品性下劣な男だ。

最近は田中角栄の本が売れているようだが、かつて強く対立していながら、相手が亡くなって反論できないのをいいことに金儲けに利用するとは、プライドも恥も外聞もない、「ミジメ」な老醜と言うしかない。

もうひとつ、他人に勉強しろと言った本人が、とんでもないバカだったというお話。

「×」 「私は立法府の長」言い間違え? 話題の発言、実は初めてじゃなかった
BuzzFeed Japan 5月18日(水)17時54分配信

「私は立法府、立法府の長であります」。国会で飛び出した安倍晋三首相の発言が話題を集めている。

発言があったのは5月16日の衆議院予算委員会。民進党の山尾志桜里議員の質問に答えている最中だった。

山尾氏は、民進党が提出した保育士の給与を上げる法案を国会で議論しないことを批判。「この場でぜひ一歩でも前に進めようと、対案を議論するべきだと、おっしゃること、できないんですか」

安倍首相の発言が飛び出したのはここだ。
「山尾委員はですね、議会の運営ということについて少し勉強していただいたほうがいいと思う訳なんですよ。議会についてはですね、私は立法府、立法府の長であります」

背後に座っていた石破茂地方創生担当大臣。首相の発言に驚いたような顔をして、首相を見上げた。


総理大臣は行政府の長であって、立法府の長ではない。

<安倍首相がまた「私は立法府の長」発言! たんなる言い間違いではない、三権分立を破壊する安倍政治の本質>

こんな基本的なことも知らないノータリンが首相の座に居座り、ましてや憲法をいじろうというのだから、国民にとってはあまりにも大きな不幸だ。

選挙で勝てば何でもやりたい放題だと思っている独裁者には、来たる選挙で退陣を迫らなければならない。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

18歳選挙権で日本は変わるのか

昨年6月、公職選挙法の改正により選挙権年齢が満18歳以上に引き下げられた。18歳・19歳という人の意見が投票結果に新たに反映され、若い感性が現在日本の政治情勢の突破口になるという期待をかける声も、地域の市民活動などを中心に筆者の周囲では決して少なくない。しか...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示