「×」 自民党の式典に出席するとは、五郎丸に心底ガッカリ。

「×」 自民党立党大会にラグビー五郎丸選手登場、安倍首相は「若き森喜朗元首相もああだったか」
産経新聞 11月29日(日)16時41分配信

 29日に都内で開かれた自民党立党60年記念式典に、ラグビー日本代表の五郎丸歩選手が、サプライズゲストとして登場した。

 五郎丸氏は、日頃試合で使うルーティーン(役割)という言葉を使い、「本日はメモというルーティーンを作ってきた」とちゃめっ気を振りまいた後、「2019年のラグビーワールドカップ日本大会、20年の東京五輪という世界3大スポーツの2つが日本にやってくる。こんなに恵まれた国はない」と強調。新たなスポーツ文化の継承に力を注いでほしいと訴えた。

 気をよくした安倍晋三首相はわざわざ登壇し、五郎丸氏の手を高々とあげて連携をアピール。その後の記念講演では、「森喜朗元首相も、若いラガーマン時代はああだったのかなと想像した」と軽口もたたいた。

 首相はそのうえで、五郎丸氏の“精神統一ポーズ”をまねながら「私たちも来年の来るべき戦いに向かい、精神を統一していこう」とも強調。五郎丸人気にあやかりながら、来年夏の参院選に向け、党員を鼓舞した。


五郎丸は何を思って自民党の立党大会なんかに出たのだろうか。

自民党の広告塔にでもなろうというのか。

歴史的偉業で世界を驚かせ、国民を勇気づけた日本ラグビーだったが、この五郎丸の行動は納得できない。

憲法無視のファシスト安倍を勢いづかせ、国民を戦争に巻き込む自民の独裁に手を貸すとしたら、五郎丸の罪は大きい。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ再々開の訳は”hew”

今日から12月である。もう2015年が終わろうとしている。なんて早いのだろう??? ところで ブログを再開したのは高校一年のときある書物で目にした「動詞」を急に思い ...

専制君主の無法国家、日本

成人して選挙権を得てから34年、私の政治に対する認識は著しく変わりました。安倍政権下での三権分立、法治国家、民主主義、国民主権・・・等々、学校で習った「日本は民主主義国家」という事がこれほど絵空事で虚しく感じたのは初めてです。 思い起こせば、航空自衛隊...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示