「×」 テロとの戦いがテロを育てる。

「×」 「イスラム国を叩きつぶす」仏大統領が異例の演説
テレビ朝日系(ANN) 11月17日(火)11時46分配信

 フランスのオランド大統領は、上下両院の議員を集めて異例の演説を行い、過激派組織「イスラム国」の打倒を宣言しました。パリの大統領府前から報告です。

 (天本周一記者報告)
 オランド大統領は、演説のなかで「我々の敵はイスラム国だ」「イスラム国をたたきつぶす」と強い口調で訴えました。オランド大統領は、事件後に出した非常事態宣言について、3カ月の延長を議会に求めました。非常事態宣言は、政府の判断で国境管理の強化や夜間の外出を禁止できるもので、現在は最長12日間までと決められています。また、不審人物の排除のため、二重国籍の剥奪(はくだつ)や国外追放の迅速化など憲法の改正も訴えました。
 一方、「イスラム国」は新たな映像を公開し、シリアへの空爆に参加する国に対し、パリと同じようなテロ攻撃を仕掛けると予告したうえで、アメリカ・ワシントンへの攻撃を示唆しました。オランド大統領は今後、数週間にわたってシリアへの空爆を強化すると明言していて、今回のテロ事件が国を巻き込んだ新たな戦いに展開する様相を見せてきました。


フランスのオランド大統領は、感情的になって「ISをたたきつぶす」と怒り狂っているが、いくら空爆を重ねてもテロを根絶することはできないだろう。

ビンラディンを殺してもザワヒリを殺してもテロなくならなかったし、ジハーディ・ジョンを殺してもバグダディを殺してもテロはなくならないだろう。

もともとブッシュの「テロとの戦い」が中東のバランスを崩壊させ、現在のテロが蔓延する混乱状態を作り出してしまったのだから、さらなる「テロとの戦い」でテロを根絶することなど不可能だ。

有志連合に対する怨念は新たな世代に引き継がれ、テロの脅威はいつ果てるとも知れない。

この無間地獄のような世界に、安倍総理の軽率で愚かな行為によって、日本人も引きずり込まれようとしている。

日本をテロの脅威から救うには、安倍政権を倒して、「テロとの戦い」から撤退するしかない。

憲法を踏みにじる「安倍政権を許さない」。
  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示