「×」 いいかげんに、騙され続けるのはやめましょう。

「×」 マイナンバー巡り詐欺被害…注意呼びかけ
読売新聞 10月7日(水)6時52分配信

 消費者庁は6日、マイナンバー制度を巡り「数百万円を脅し取られた」とする消費者相談があったとして、不審な電話などに注意するよう呼びかけた。

 同庁によると、南関東に住む70代女性宅に男から電話があり、偽のマイナンバーを伝えられた。その後、別の男から「公的機関に寄付するため、マイナンバーを貸して」と連絡があり、女性は番号を伝えた。翌日、公的機関を名乗る者から「番号を教えたことは犯罪に当たる」として、記録の書き換えを名目に金銭を要求され、現金を支払ったという。

 全国の消費生活センターなどにはこれまでに「制度が始まると振り込み手続きが面倒になるので、口座番号を教えて、という電話があった」など約20件の相談が寄せられている。同庁は「不審な電話や手紙には応じないでほしい」と話している。


国民にとっては何のメリットもないマイナンバー制度だが、メリットどころか実害が発生してしまった。

マイナンバーがなければこの女性は被害に会わなかったわけだが、それでも安易に番号を教えてしまうのもどうかと思わざるを得ない。

あまりにも、無警戒でお人よし過ぎる。

TPPについても、今回の大筋合意に対して農業界から懸念と反対の声が上がっているが、今更の感がぬぐえない。

自民党がTPPをやるつもりなのは選挙前からわかり切ったことなのに、農家の皆さんは何故か自民党に投票してしまうのだ。

今までさんざん叩かれてきながらも、結局お情けを期待するのか、顔なじみの○○さんに入れてしまう。

それでこんなはずではと言っても、手遅れなのだ。

安倍政権の解釈改憲による集団的自衛権容認は、自民党の選挙公約の最後の方にチョコッと書いてあっただけで、選挙戦ではアベノミクスばかりを喧伝しており、安倍自民のやりかたは、まったく悪徳詐欺商法まがいのペテンなのだが、それでも少しの用心深さがあれば、その魂胆は見抜けたはずだ。

国民はもっと賢くならなければ、いつまでも騙され続けることになる。

しかし、今回の安保法制反対の盛り上がりは、国民の目覚めを感じさせる。

国民はいつまでも騙されない、国民は下々の者でもバカじゃないということを、ボンボン政権に見せつけなければならない。

  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ライフライン回復に係る一つのご報告

私事ながら、8月20日〜約1カ月、実質、この世から遮断されてしまっていた。切っ掛けは、転居だったが、通信手段を一時中断位の筈が、転居先で回復するはずの電話回線が、折あしく見舞われた台風15号の被害、その側杖で、玉突きに遭い、私の電話回線・回復(8/25)段取...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示