責任のたらい回しに「×」

「×」 川内原発再稼働、菅官房長官「判断するのは事業者」
ロイター 8月11日(火)13時1分配信

[東京 11日 ロイター] - 菅義偉官房長官は11日の記者会見で、九州電力<9508.T>の川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)について「再稼働を判断するのは事業者であり、政府は万が一事故が起きた場合に先頭に立って対応する責任がある」と述べた。川内1号は同日午前10時半に原子炉が再稼働した。

菅長官は、国際原子力機関(IAEA)の基本原則に「安全の一義的責任は許認可取得者にある」と明記されていると指摘。政府は、原子力規制委員会が新規制基準に適合すると認めた場合に、原発の再稼働を進めることを閣議決定していることから、災害の際には国が迅速に対応する責任があると語った。

その上で、「再稼働にあたっては地元の理解が得られるよう丁寧に取り組んでいくことが極めて重要」との見方を示した。


川内原発が再稼働された。

全く、狂気の沙汰としか言いようがない。

規制委員会の田中委員長は、「新規制基準は安全を保証するものではない」と言って責任を放棄し、政府はその基準に基づいて再稼働を進めると閣議決定しながら、再稼働の判断は事業者に押し付ける。

万一、事故となれば一事業者で対応できないことはフクシマの例で明らかだから、結局国民の税金で尻拭いすることになる。

そんな重大な再稼働の判断の責任を、政府が負わないなどというふざけた事が許されるのか。

新国立競技場でも、さらに遡れば先の大戦でも、責任の所在があいまいだから、いいかげんな対応がまかり通り、同じあやまちを繰り返すことになる。

「責任者、出てこ~~い!!」 by 人生幸朗
   

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

九州各県 強気の人口想定(8/9) 異議あり!

地方人口ビジョン=政府は昨年12月、人口減少対策の「まち・ひと・しごと創生総合戦略」と人口の将来展望を示す長期ビジョンを決定。都道府県と市町村に対し、?2016年度から5カ年の地方版総合戦略 ?人口の見通しなどを盛り込んだ人口ビジョンの策定を求めている。...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示