高浜原発再稼働差し止めに「○」。

「○」 福井地裁、高浜原発再稼働認めず 仮処分決定、規制委合格を事実上否定
福井新聞ONLINE 4月14日(火)14時9分配信

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の安全対策は不十分として、周辺の住民らが再稼働差し止めを申し立てた仮処分で、福井地裁(樋口英明裁判長)は14日、再稼働を認めない決定をした。仮処分で原発の運転を禁止する決定は全国で初めて。決定はすぐに効力を持つ。関電は不服を申し立てるとみられ、主張が認められない限り再稼働できない。

 2基は九州電力川内原発(鹿児島県)に続き、政府が「世界で最も厳しい」と強調する原子力規制委員会の審査に合格。しかし地裁はこれを事実上否定する判断をした。原発を「重要なベースロード電源」と位置付ける政府のエネルギー計画にも影響を与えそうだ。

 11月の再稼働を想定し、地元同意の手続きに入っている関電のスケジュールに影響が出るのは必至だ。

 住民らは、関電が想定する基準地震動(耐震設計の目安となる揺れ)を超える地震により、放射性物質が飛散する重大事故に陥る可能性があると主張し、人格権が侵害されると訴えていた。

 樋口裁判長は昨年5月、関電大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転禁止を命じ、名古屋高裁金沢支部で係争中。住民らは12月、高浜と大飯の計4基の再稼働差し止めを求め、福井地裁に仮処分を申し立てた。大飯の2基についての審理は分離された。

 樋口裁判長は昨年5月にも福井地裁で、関電大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の差し止めを命じる判決を言い渡しており、控訴審が係争中。住民らは12月、再稼働が迫っているとして、高浜と大飯計4基の差し止め仮処分を福井地裁に申し立てた。大飯の2基の審理は分離された。

 裁判長の樋口氏は1日付で名古屋家裁に異動したが、名古屋高裁が福井地裁判事職務代行を発令し、引き続き担当した。
福井新聞社


高浜原発の再稼働差し止めの仮処分が決定した。

最近珍しい良いニュースだが、この決定を下した裁判長が名古屋家裁に異動しているというのが、異議申し立ての際に影響しないか心配ではある。

「×」 高浜再稼働「変わらず」=民主は慎重対応要求―政府・自民
時事通信 4月14日(火)16時17分配信

 菅義偉官房長官は14日午後の記者会見で、福井地裁が関西電力高浜原発3、4号機の再稼働差し止めの仮処分を決定したことに関し、「原子力規制委員会の判断を尊重して再稼働を進める方針に変わりはない。粛々と進める」と明言した。その上で「仮処分の段階であり、事業者の対応を注視していく」と述べ、関電による異議申し立てなどの動きを見守る考えを示した。
 福井地裁が原子力規制委の新基準について「合理性を欠く」などと指摘したことに対し、菅長官は「独立した規制委が専門的見地から、十分に時間をかけ、世界で最も厳しいと言われる基準に適合すると判断した」と反論した。


沖縄で懲りていないのか、相変わらず上から目線の「粛々と進める」とは、本当に傲岸不遜な安倍政権だ。

原子力規制委員会の新基準を「世界で最も厳しい」などとと言っているのは、他ならぬ安倍政権だけであって、そんなことは世界の誰も言っていないし、実際最も厳しくなんてない。

安倍政権のウソを根拠とした原発再稼働は、日本を滅ぼし世界に迷惑を掛ける愚行であり暴挙だ。

司法には、今後も頑張ってその存在意義を示して欲しい。
  
スポンサーサイト

コメント

「戦争と原発事故は人災の極致である」

原爆と原発事故は、万物を所有すると称するフリーメーソン悪魔王ルシファーすなわち万物を創造したと称する一神教カルト造物神ヤハウェが作り出した、「人災」の極致です。
一神教では悪魔と神が同一人格です。新約聖書に黙示録という世界破滅核戦争が神の予言として記載されていますから、それが証明されますね。

一神教では人間は必ず神の生け贄の仔羊に過ぎず決して神にはなれませんが、仏教では「草木国土悉皆成仏」のように万物に平等に仏性があり努力によって磨けば万物が成仏することが出来るのです。

これが釈尊が人天の師と称される理由です。

「戦争犯罪偏執狂悪魔王国イスラエルを建国した鬼畜外道ユダヤフリーメーソンがキリスト教カルト鬼畜外道田布施天皇ヒロヒトと共犯で犯した太平洋戦争極悪非道戦争犯罪を糾弾する」
http://hidenori1212.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-96c3.html#comment-99332193

「すべての声は訴える」峠三吉
http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-ee0b.html
・・・
此の詩集を読もうとする多くの人に知ってもらいたい
広島の、そして長崎の人間は
原爆の炎の中から脱出して起ち上がろうと努めつつ
その意味する欺瞞(ぎまん)的な力の中で
まだ必死にもがいている
もがいていながらも
私たちは
あの炎と血膿(ちうみ)のしみついた皮膚の感覚で
愛する妻子や父母を茸(きのこ)雲の下で見失った
涙にまみれた体で
今はもう知ろうとしている
原爆を戦争に直接関係の無い老若男女の日本人の上に投下し
その後にわたってその所有を独占しようとし
その脅威(きょうい)をふりかざして
世界を一人占めにしようとして来た意志
日本が侵略されるという囁(ささや)きを吹き込み
再軍備にかり立て
そのような政策に反対する国民の口に破防法(はぼうほう)という
猿ぐつわを噛(か)ませる意志が
すべて一つのものであるということを
もうはっきりと知ろうとしている
そして
此の詩集をお読みになるあなたも
きっと知るにちがいない
私たちが一個の人間として
正しく幸福に生きようとするねがいを
何時(いつ)の時代でも 常にはばんで来たものがあったとすれば
その力こそまさに此の暗い意志であり
その権力こそまさに
私たちを戦争にひきずりこむものであったということを

噫(ああ)そして 私たちは知ることが出来る
世界最初に原子爆弾を頭上に落(おと)された日本人だという
黄色い皮膚にかけて
漆黒(しっこく)の瞳(ひとみ)と流れる黒髪にかけて知ることが出来る
今はもう
戦争を、その物欲と権力保持のために欲(ほっ)する
一握りの、人間と呼ぶに価(あたい)しない人間以外の≪ものたちへむけて≫
世界中の
真実と労働を愛するすべての人々と共に
腕を交(く)みあって
平和へのたたかいを進めてゆくことこそが
私たちの正しく幸福に生きようとする
人間としてのねがいを
達成(たっせい)する唯一(ゆいつ)の道であるということを
私たちは日本人として
植民地支配に苦しんで来た
アジアの人間として
知ることが出来る

そのために
そうだ、それを信じるために
多くの語り難(がた)い苦痛を越え
多くの語ることによる危険をしのぎ
老人も主婦も、未亡人も、青年も
又、勇気ある教師にみちびかれた子供達も
すべての人々が
血と涙にいろどられた叫びを
此の詩集に寄ってあげているのだ
どうか
此の信頼と愛が
戦争を憎み 原爆を呪(のろ)う無数の声の中で
大きな稔(みの)りを持つように
その声の底にかくれつつ 永遠に絶(た)ゆることのない
地下からの叫びが
生きている私たちの力によって
癒(いや)されるように!
原爆が再び地上に投ぜられることなく
原爆を意図するものが 世界中の働く者の力によって
一日も早く絶滅されるように!
此の詩集はそのためにあなたにおくられるのだ
・・・

「峠三吉原爆詩集」


ちちをかえせ ははをかえせ

としよりをかえせ

こどもをかえせ

 

わたしをかえせ わたしにつながる

にんげんをかえせ

 

にんげんの にんげんのよのあるかぎり

くずれぬへいわをへいわをかえせ

http://home.hiroshima-u.ac.jp/bngkkn/database/TOGE/TogePoems.html
__________

「英霊関行男ゼロ戦飛行隊長の教官原田要氏の大和魂」

真珠湾攻撃参加零戦乗りエースパイロット皇軍軍人原田要氏が太平洋戦争を語るyoutubeをご紹介します。

これが神風特攻隊飛行隊長関行男中尉と同じ、真の大和民族常民先祖伝来忠君孝親忘己利他武士道捨身施菩薩大和魂です。

1.「真珠湾攻撃に参加した零戦搭乗員の記憶」
2010/12/08 にアップロード
真珠湾、ミッドウェー海戦、ガダルカナル攻撃に参加した原田要さんの戦争体験。貴重で­す。
https://www.youtube.com/watch?v=wHfBG5pSwpU

2.「零戦52型エンジン始動見学会 元零戦パイロット 原田要インタビュー」
2013/03/29 に公開
元零戦のパイロットの原田要さん(97)が招待者として来て頂いた回にたまたま当たっ­たのでインタビューをお聞きください。インタビューとエンジン始動でちょっと長いです­。
https://www.youtube.com/watch?v=4cyl-H9kd3E

「広島・長崎原爆で奇形児が少なかった訳=カラクリ」

blog.livedoor.jp/tacodayo/archives/5822795.html

以下は
「原爆ホロコースト」の実態
からの引用です。

●広島大学の名誉教授である芝田進午氏は、原爆の対日使用は「人体実験」だったとして、1994年に次のように述べている。
「広島・長崎への原爆攻撃の目的は何だったのか。1つには戦後世界でのアメリカの覇権確立である。そしてもう1つは、原爆の効果を知るための無数の人間への『人体実験』である。
だからこそ、占領後にアメリカ軍が行なったことは、
第1に、原爆の惨状についての報道を禁止し、『人体実験』についての情報を独占することだった。
第2に、史上前例のない火傷、放射能障害の治療方法を必死に工夫していた広島・長崎の医者たちに治療方法の発表と交流を禁止するとともに、死没被爆者のケロイドの皮膚や臓器や生存被爆者の血液やカルテを没収することだった。
第3に、日本政府をして国際赤十字からの医薬品の支援申し出を拒否させることだった。たしかに、『実験動物』を治療するのでは『実験』にならない。そこでアメリカ軍は全力を尽くして被爆治療を妨害したのである。
第4に、被爆者を『治療』せず『実験動物』のように観察するABCC(原爆障害調査委員会と訳されたアメリカ軍施設)を広島・長崎に設置することであった。
加害者が被害者を観察するというその目的自体が被爆者への人権蹂躙ではなかったか。」

トルーマン大統領は原爆の惨状についての報道を一切禁止し、被爆治療を徹底的に妨害した。
そして被爆者を「治療」せず「実験動物」のように観察する組織「ABCC」
(原爆障害調査委員会と訳されたアメリカ軍施設)を広島・長崎に設置した。

●広島で女学生(14歳)のときに原爆にあい、現在も原爆後遺症で苦しむ詩人の橋爪文さんは、「ABCC」(原爆傷害調査委員会と訳されたアメリカ軍施設)について、次のような恐ろしい事実を述べている。
まさにアメリカがやったことは、「人体実験」だったといえよう。

被爆者である橋爪文さんが書いた
『少女・14歳の原爆体験記』(高文研)
(中略)
より。

「私は広島の生き残りのひとりです。 〈中略〉 ここで、ひとつ触れたいことは『ABCC』についてです。
これは日本でもほとんど知らされていないことですが、戦後広島に進駐してきたアメリカは、すぐに、死の街広島を一望のもとに見下ろす丘の上に

『原爆傷害調査委員会』(通称ABCC)を設置して放射能の影響調査に乗り出しました。
そして地を這って生きている私たち生存者を連行し、私たちの身体からなけなしの血液を採り、傷やケロイドの写真、成長期の子どもたちの乳房や体毛の発育状態、また、被爆者が死亡するとその臓器の摘出など、さまざまな調査、記録を行ないました。
その際私たちは人間としてではなく、単なる調査研究用の物体として扱われました。
治療は全く受けませんでした。
そればかりでなく、アメリカはそれら調査、記録を独占するために、外部からの広島、長崎への入市を禁止し、国際的支援も妨害し、一切の原爆報道を禁止しました。
日本政府もそれに協力しました。
こうして私たちは内外から隔離された状態の下で、何の援護も受けず放置され、放射能被害の実験対象として調査、監視、記録をされたのでした。
しかもそれは戦争が終わった後で行なわれた事実なのです。
私たちは焼け跡の草をむしり、雨水を飲んで飢えをしのぎ、傷は自然治癒にまかせるほかありませんでした。
あれから50年、『ABCC』は現在、日米共同の『放射線影響研究所』となっていますが、私たちはいまも追跡調査をされています。

以上引用終わり。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「平和の使者」を渇望する今

歴史は、この国、いや、この地上全てで、二度と同じ過ちを繰り返しててはならないと言う教訓を残した、有意義極まりない年月であったと記すであろう日・独・伊三国が引き起こした大戦が終わって、もう70年になろうとしている。   70年という月日は、言うまでもないこ...

現場からの報告−「“地域住民の主体意志”の掘り起こしと発露の触媒」を目指して

今春より、わがまちに“まちづくり協議会”が発足し、具体的な活動がはじまりした。この協議会は、「自治会、民生委員・児童委員、PTA、老人会(クラブ連合会)、青少年育成協議会、婦人会と個人会員」という各種市民団体と個人会員で構成されて、この4月から発足し、事...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示