「×」 アベノミクスで地域格差拡大。

「×」 地域格差が悪化、6年ぶり高水準 景気回復実感広がらず
朝日新聞デジタル 3月22日(日)5時9分配信

 地域格差が悪化していると感じる人の割合が6年ぶりの高水準になったことが、内閣府が21日付で公表した「社会意識に関する世論調査」でわかった。景気悪化を感じる人の割合も1年前より大幅に増えた。アベノミクスによる景気回復の実感が広がらず、格差の拡大を感じる人が増えている実情が浮かび上がった。

 調査は1月15日~2月1日、日本国籍を持つ全国の20歳以上の男女1万人を対象に面接方式で実施し、6011人から回答を得た。

 「悪い方向に向かっている分野」(複数回答)との質問では、「景気」を挙げる人の割合が30・3%と昨年同期の調査より11・3ポイント増えた。「地域格差」は29・6%と5・9ポイント増で、2009年の調査の31・3%に次ぐ6年ぶりの高い水準となった。これに「国の財政」(39・0%)、「物価」(31・3%)、「雇用・労働条件」(27・8%)を加えた経済関連が、上位5分野を占めた。昨年の調査でトップだった「外交」は、13・2ポイント減って25・2%となった。

 一方、「社会で満足していない点」(複数回答)では、「経済的なゆとりと見通しが持てない」を挙げた割合が昨年より9・8ポイント増の46・9%でトップ。「若者が社会での自立を目指しにくい」が4・5ポイント増の40・1%で、安倍政権が社会保障改革で重視してきた「家庭の子育て」が「しにくい」とする回答は、2・2ポイント増の28・8%。看板政策に掲げる「女性の社会での活躍」が「志向しにくい」との回答が3・3ポイント増の25・5%で続いた。(藤原慎一)


先の総選挙では、景気回復だけを声高に叫んで多数の議席を獲得した自民・公明だが、現実問題としてアベノミクスの効果は都市と大企業を潤しただけで、地方と中小零細企業は円安や物価・原料の高騰でとばっちりを受けただけの格好だ。

来たる統一地方選に向けて、地方創生などと叫んで予算をぶち込んでも、なかなか効果は表れない。

地方に住んでる当方としては、東京五輪やリニア新幹線、北陸新幹線や渋谷の高層ビル化など、都会の景気の良い浮かれたニュースを見ると、本当に腹立たしくなる。

原発事故も広島の水害も忘れたかのように、ただただ強欲の赴くままに突っ走る。

この浅ましい安倍内閣に、統一地方選では厳しい回答を叩き付けてやりたい。
 
スポンサーサイト

コメント

ユダヤフリーメーソン邪宗外道一神教カルトスパイ政府安倍晋三悪魔鬼畜政権

れんだいこのブログ2015年3月22日 (日)
護憲論としての縄文社会主義論その4
http://08120715.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-a0db.html

>”帰化人系がこの思想に馴染み易いよう” これ少し不穏当

 人類発祥以来常に、ムー大陸遺民大和民族に攻撃を仕掛けては常に敗れてきたエデンの蛇悪魔フリーメーソンが、カルト一神教を仕立てて常に帰化人系(江戸時代にはエタ非人階層)をその信者にして、仏教国日本の政府を明治以来新平民総理伊藤博文山県有朋を送り込んで廃仏毀釈で侵蝕してきた結果が、フリーメーソン地球先住民虐殺略奪第二次世界大戦におけるフリーメーソンヒロヒト策謀太平洋戦争での大和民族500万人虐殺であり、それに対抗して作られた聖徳太子以来の仏教国伝統に帰着する日本国憲法前文及び第9条であることは、すべてれんだいこ先生のおっしゃるとおりであり、先祖代々の仏教に帰依する大和民族であれば、フリーメーソンの邪宗外道カルト一神教信者がこの思想に馴染み易い”帰化人系”エタ非人階層に限られることは、大和魂全員周知の、歴史上の事実ありのままである。
 

仏教聖典おしえ第一章因縁第三節第三項

 この世の中には、三つの誤った見方がある。もしこれらの見方に従ってゆくと、この世のすべてのことが否定されることになる。

 一つには、ある人は、人間がこの世で経験するどのようなことも、すべて運命であると主張する。二つには、ある人は、それはすべて神の御業(みわざ)であるという。三つには、またあるひとは、すべて因も縁もないものであるという。

 もしも、すべてが運命によって定まっているならば、この世においては、善いことをするのも、悪いことをするのも、みな運命であり、幸・不幸もすべて運命となって、運命のほかには何ものも存在しないことになる。

 したがって、人びとに、これはしなければならない、これはしてはならないという希望も努力もなくなり、世の中の進歩も改良もないことになる。

 次に、神の御業であるという説も、最後の因も縁もないとする説も、同じ非難が浴びせられ、悪を離れ、善をなそうという意志も努力も意味もすべてなくなってしまう。

 だから、この三つの見方はみな誤っている。どんなことも縁によって生じ、縁によって滅びるものである。

(A6文庫本p45)


>れんだいこの本ブログでの帰化人論につき筆のオーバーランとすれば一件落着なのですが、現代史での連中の跋扈ぶりに対しては掣肘せねばならないと考えており

 朕は三宝の奴なりの聖武天皇が全国に国分寺国分尼寺を建てて以来、大和民族民衆は全員幼少時から寺に出入りして法句経のわかりやすい講義を耳目にして、全員が仏教徒として成長してきました。士農工商四民は全員歴史的に聖徳太子以来三宝に帰依する仏教徒なのです。

 戦後フリーメーソン政府が捏造したカルト太陽暦歴史学を捨てて、事実だけに基づいて正しく温故知新すれば、世界中の万人が一人残らず日本人庶民が何千年も昔から先祖代々歴史的仏教徒である事実を認めます。

 法句経の現代語訳から抜粋します。

「自分よりも愛しいものはない。同様に他の人々にも、自己は愛しい。故に自己を愛するものは、他人を害してはならない。」

「生き物を自ら害すべからず。また他人をして殺さしめてはいけない。また、他の人々が殺害するのを容認してはならない。」

「あらゆる生物にたいして暴力や悩みを与えてはならない。」

「世界はどこも、とどまってはいない。すべての方角も揺れ動いている。私は、安住の地を求め探したが、どこにもなかった。すべて、死や苦しみにとりつかれている所ばかりだった。殺そうとしている人々を見よ。武器をとって打とうとしたことから恐怖が起こった。すべてのものは、燃えている。欲望と怒りと愚かさによって。」

「怨みは怨みをもって止まず。怨みを捨ててこそ止む」

「人の価値とは、生まれや身分によるものではなく、清らかな行いによって決まる」


仏教聖典おしえ第四章煩悩第一節心の穢れ第七項(p85)

 外から飛んでくる毒矢は防ぐすべがあっても、内からくる毒矢は防ぐすべがない。貪(むさぼ)りと瞋(いか)りと愚かさと高ぶりとは、四つの毒矢にもたとえられるさまざまな病を起こすものである。

 心に貪りと瞋りと愚かさがあるときは、口には偽りと無駄口悪口と二枚舌を使い、身には殺生と盗みとよこしまな愛欲を犯すようになる。

 意の三つ、口の四つ、身の三つ、これらを十悪という。

 知りながらも偽りを言うようになれば、どんな悪事をも犯すようになる。悪いことをするから、偽りを言わなければならないようになり、偽りを言うようになるから、平気で悪いことをするようになる。

 人の貪りも、愛欲も恐れも瞋りも、愚かさからくるし、人の難儀も不幸も、また愚かさからくる。愚かさは実に人の世の病毒にほかならない。

_____________

「なぜイスラエルなのか」

 なぜユダヤフリーメーソンはイスラエルに建国したのか。それはキリスト教ユダヤ教イスラム教の聖地が同じ場所にあるからです。一神教は異教徒を攻撃しますが聖地に居る者を攻撃できません。ゆえにキリストの墓の下の地下室にユダヤフリーメーソンの世界本部があるのです。紋章はユダヤ教キリスト教イスラム教の紋章を重ねて三位一体としたNWOの紋章ですね。

 ということは第三次大戦が起こって世界中に報復合戦で核兵器が打ち込まれてもイスラエルだけが聖地だからどこの国からも核攻撃されない。ノアの箱舟のごとく全人類が滅んでもイスラエルに居座ったユダヤフリーメーソンだけが生き残るという仕掛けです。ゆえに世界中に戦争が起こるよう常に策謀している悪魔の正体がイスラエルであることが証明されます。

 このユダヤフリーメーソンの悪業を封じ込めるためには、国連でイスラエルを永久敵国に指定すればよい。国連敵国日本と同じように国外で一切の武力行使ができない国にしてやれば、悪魔はすべての魔力を失います。箱舟に悪魔を封じ込めるわけです。これで日本国憲法9条が希求する世界平和がこの地球上に実現します。

 また、NHKと携帯電話を潰してやればイスラエルと子分アメリカへの裏送金それぞれ年約10兆円の戦争策謀資金が枯渇するので、地上からすべての戦争が無くなります。これは世界中どこの国にも出来ない、唯一仏教徒日本国民にしか出来ない仕事ですね、地上恒久平和実現。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小人閑居して不善を為す、ネトウヨ

日本はすごいぞ、すごいぞ、と押しつけがましい地デジを一切見ないと、大変気持ちが晴れ晴れして良い。 わざわざ貴重な時間を差し出してテレビに「洗脳」されないのだから、気分が良いのは当たり前だ。 皆様にもお勧めする。 無料放送と有料国営放送を見る時間を、有料民間放送の視聴や読書などに使いましょう。 それにしても、朝の7時からハンドルネームさえなしに中傷コメントを投稿する様な、ネトウヨが...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示