「○」 佐賀県知事選で、与党敗北!!

「○」 佐賀知事に山口氏=自公推薦候補敗れる―農協が反旗
時事通信 1月11日(日)22時53分配信

 前知事の国政転出に伴う佐賀県知事選は11日投開票され、無所属新人で元総務官僚の山口祥義氏(49)が、前同県武雄市長の樋渡啓祐氏(45)=自民、公明推薦=ら無所属の新人3人を破り、初当選を果たした。投票率は54.61%で、前回(59.41%)を下回り、過去最低を更新した。
 自民党は樋渡氏の行政手腕を評価し、党本部主導で推薦を決定。しかし、同氏のトップダウン型の手法に反発する農協の政治団体「県農政協議会」など有力支持団体や県議が山口氏を擁立し、分裂選挙となった。農協改革を進める安倍政権にとって推薦候補の敗北は痛手。4月に行われる統一地方選の戦略の見直しも迫られそうだ。


菅官房長官や谷垣幹事長ら自民党幹部の必死の応援も実らず、自公推薦の候補が敗北を喫した。
これで滋賀、沖縄に続いて知事選3連敗となった。

国会では圧倒的多数を誇る自公与党だが、この数字が国民の本当の支持によるものでないことを、知事選の連敗が物語っている。

安倍総理はさぞかし悔しがって、周りの取り巻きに八つ当たりしていることだろう。

自分のやりたいことをやるのではなく、国民のために何をやるかが総理のあるべき姿なのだが、この駄々っ子総理には望むべくもなさそうで残念だ。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「不寛容な社会」を作る張本人・安倍晋三

社会全体が閉じてきている。 このような内向きの思想の増長は社会に認めてもらいたい願望が現実と著しくかい離したとき歴史的もたびたび起こっている。古くは関東大震災時の朝鮮 ...

介護報酬引き下げ・介護離職・自民党「壊憲」草案

政府は1月11日に介護報酬の2・27%引き下げを決めた。 一部の特養が利益を上げて内部留保を溜め込んでいるから、職員への給与増などの形で、吐き出せるのだそうだ。 施設が受け取る報酬を減らしながら介護職員の給与は月額で1万2000円アップさせる、として安倍政権は例の如く、国民へのパフォーマンスを抜かりなくやっているつもりらしい。 政府がそう決めてしまえば、介護施設は、数字に従って帳尻...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示