「×」 御嶽山の噴火を教訓にせよ。

「×」 御嶽山が7年ぶり噴火 気象庁「収束の判断難しい」
朝日新聞デジタル 9月27日(土)13時8分配信

 気象庁は27日、長野と岐阜県境にある御嶽山(標高3067メートル)が噴火した、と発表した。御嶽山の噴火は2007年3月以来。気象庁は、噴火警戒レベルを入山規制のレベル3とした。午後3時50分現在、噴火は続いているものとみられ、岐阜、長野、山梨の3県で降灰に注意するよう呼びかけている。

 気象庁によると、噴火は27日午前11時53分。国土交通省中部地方整備局が御嶽山の南側に設置しているカメラでは、噴煙が南側斜面を3キロ以上流れ降りている様子が観測された。山頂の火口付近から周囲4キロ程度の範囲で、噴火に伴う大きな噴石への警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、噴火の約10分前に、火山活動が活発になる際にみられる「火山性微動」を観測した。また、御嶽山では9月に入って火山性地震が急増。10日に52回、11日には85回の火山性地震を観測していた。

 今後、大規模な噴火につながる可能性について、気象庁の北川貞之・火山課長は記者会見で「地殻変動もみられていないので、それほど大規模な噴火に至るとは考えていないが、今回と同程度には至る可能性があると考えている。活動がいつごろ収束するかを判断するのは、なかなか難しい」と話した。

 御岳山では1979年10月、剣が峰の南西側の斜面で、マグマが地下水を熱することで起こる水蒸気爆発が発生、登山者1人が軽いけがをした。


御嶽山が噴火し、多くのけが人が出た。

今後どうなるかも不明で心配だ。

そしてこのあたりは、リニア新幹線のルートにも近い所だろうから、工事にも何らかの影響を与えるだろうというよりも、この火山列島、地震列島でリニア新幹線などというバカな物を作ること自体に対する、自然からの警告と思わずにはいられない。

東日本大震災のあれほどの大被害を忘れてしまったかのように、原発再稼働に突っ走る安倍政権や原子力規制委員会は、今回の噴火を天からの啓示ととらえ、謙虚に反省して全原発廃炉へと進まなければ、日本にとどまらず、全人類の破滅の扉を開くことになるだろう。

火山が眼の前にある川内原発の再稼働など狂気の沙汰、言語道断だ。

自然の力を甘く見るな!!
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「9条改正には周到な準備を」−我々こそ

「9条改正には周到な準備を」と自民・船田氏が横浜で講演したらしい。9条改正とは、端的に言えば、日本国憲法の3大原則・原理の一つ、平和主義の放棄に他ならない。否、実は、安倍内閣が独断して、憲法上有り得ない解釈改憲で、その原理・原則を損なった状態にある。そ...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示