「×」 日本の名誉を傷つけているのは安倍政権だ!!

「×」 「日本の名誉傷つけた」=安倍首相、朝日報道を批判
時事通信 9月11日(木)18時28分配信

 安倍晋三首相は11日のニッポン放送の番組で、朝日新聞が従軍慰安婦報道の一部を取り消したことに関し、「慰安婦問題の誤報で多くの人が苦しみ、国際社会で日本の名誉が傷つけられたことは事実と言っていい」と批判した。その上で「わが国の名誉を傷つけることがあることも十分認識しながら、責任ある態度で正確で信用性の高い報道を行うことが常に求められている」と指摘した。

総理は慰安婦問題の誤報というが、それは朝日新聞が掲載した「吉田証言」(原発と紛らわしいが)が間違っていたということであり、それによって日本軍の慰安婦強制がなかったということになるわけではない。

吉田証言の嘘が日本の名誉を傷つけたというのなら、あったことをなかったと嘘をつくことも、同じように日本の名誉を傷つけることになるだろう。

そもそも日本軍が慰安所を置かざるを得なかったのは、日本軍が進軍に伴う兵站の補給を行わず現地調達したことにある。

現地の民家を襲って食糧を略奪し、行きがけの駄賃にと女性を凌辱し、住民を殺害し、家に火をつけて焼き払うという蛮行を繰り返したのだ。

その傍若無人ぶりに頭を痛めた軍の上層部が兵士の性欲処理のために設置したのが、軍の慰安所だったのである。

総理など慰安婦強制否定派は、そこで働く女性の調達に、軍が直接暴力的に強制したかどうかだけを問題にしているが、その強制がなければ「日本の名誉」が守られるとでも言うのだろうか。

慰安所を作らざるを得なかった日本軍の蛮行こそが、「日本の名誉」を最も傷つけるものに他ならない。

NHKの籾井会長は、戦時下ではどの国でもあったことなどとうそぶいたが、そんな理屈で「日本の名誉」が語られるとしたら、あまりにも情けない。

やったことを否定し隠すのではなく、やったことはやったと潔く認め謝罪することこそが、「日本の名誉」を高めることになる。

そして今の日本が保持する最大の「名誉」は、戦争放棄を謳った日本国憲法に他ならない。

その憲法を破壊しようとする安倍政権こそが、「日本の名誉」を傷つける張本人なのである。

  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジャーナリズムの死(検証姿勢の不足)

朝日新聞が窮地に立っている。いわゆる従軍慰安婦にかかわる吉田清治氏の証言報道の問題。今一つは、福島第一原発事故当時の吉田所長証言に関する報道、さらにその問題についての池上彰氏の記事を掲載しなかった問題などについて、朝日新聞が自らの非を認めて謝罪した。こ...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示