粛々と国民の命を削る谷垣法相に「×」。

「×」 谷垣氏、予定通り消費税10%に 内閣改造では法相退任の見方
産経新聞 8月18日(月)18時22分配信

 谷垣禎一法相は18日、長野県軽井沢町のホテルで開いた自民党有隣会(谷垣グループ)の研修会で講演し、安倍晋三首相が年末、平成27年10月に消費税率を10%へ引き上げるかどうか判断することに関し、予定通り増税すべきだとの考えを示した。

 谷垣氏は「10%にもっていけない状況が生まれれば、経済政策『アベノミクス』が成功しなかったとみられる可能性がある」と強調した。「増税を中止すれば法案を再提出する必要があり、簡単なことでない」とも語った。

 9月上旬に行う内閣改造については「新しい法相が誕生する可能性が多分にある」と述べ、自らが退任するとの見方を示した。

 集団的自衛権の行使を容認する閣議決定に関しては「韓国の了解を取り付ける努力が必要だ。(日本側に)中国を仮想敵国とみなすような発言があり注意が必要だ」と述べた。


この谷垣法相の言い分を分かりやすく言い換えると、「国民の生活なんかよりも、アベノミクスの成功という名聞の方が大事だし、予定が変わると法案の再提出なんかも面倒だから、国民の命と暮らしは無視して、とにかく増税すべきだ」 ということだろう。

さすがに決まったことだからと、次々に死刑を執行してきた御仁だけのことはある。

アベノミクスの成功とは、景気が回復して財政再建の道も開け、国民の生活が豊かになって初めて成功と言えるのだが、現実は消費増税ばかりでなく、株価維持のための円安誘導による輸入品の値上がりや、中東情勢の不安定化による原油価格の高騰など、一部の大企業以外にはアベノミクスの恩恵などまったくなく、その破たんは目前という状態だ。

こういう現状においてさらに消費増税が行われれば、一部の金持ちを除く国民の生活はますます苦しさを増し、自ら命を絶つ人も増えることは目に見えているのだが、谷垣氏にとってはそんなことはどうでもいいらしい。

虫も殺さぬ弱気なサラリーマンのような顔をしながら、粛々と死刑を執行してきた谷垣氏だが、今度はじわじわと国民の命を削っていくつもりのようだ。

許せん!!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示