「×」 キ●ガイに刃物、総理に自衛隊。

「×」 <集団的自衛権>81年見解を変更 戦後安保の大転換
毎日新聞 7月1日(火)21時46分配信

 政府は1日、臨時閣議を開き、憲法9条の解釈を変更して集団的自衛権の行使を容認すると決めた。集団的自衛権は自国が攻撃を受けていなくても、他国同士の戦争に参加し、一方の国を防衛する権利。政府は1981年の政府答弁書の「憲法上許されない」との見解を堅持してきたが、安全保障環境の変化を理由に容認に踏み切った。自国防衛以外の目的で武力行使が可能となり、戦後日本の安保政策は大きく転換する。

安倍政権が、ついに集団的自衛権の容認を閣議決定したが、記者会見の内容のずさんさには驚いた。

総理は、「海外で突然紛争が発生し、そこから逃げようとする日本人を、米国が救助、輸送している時、日本近海で攻撃を受けるかもしれない。わが国への攻撃ではないが、日本人の命を守るため、自衛隊が米国の船を守れるようにするのが今回の閣議決定だ。」というが、日本近海であれば、完全に個別的自衛権の対応範囲内である。

「ただし、こうした行動を取る場合でも、他に手段がないときに限られ、必要最小限度でなければならない。憲法解釈の基本的考えは変わることはない。」
こちらが一方的に最小限度と言っても、いったん相手を攻撃してしまえばそれは宣戦布告であり、相手が攻撃をやめない限りこちらも反撃せざるを得ず、「最小限度」で済む保証はどこにもない。

「海外派兵は一般に許されないという原則も全く変わらない。自衛隊が、かつての湾岸戦争やイラク戦争の戦闘に参加するようなことは決してない。」
湾岸戦争もイラク戦争も、憲法9条で集団的自衛権が行使できなかったからアメリカの要請を断れたわけで、今後アメリカの戦争に参加を要請された場合、本当に参加を拒否できるのかといえばどう考えても無理だろうと言わざるを得ない。

「外国を守るために戦争に巻き込まれるという誤解があるが、あり得ない。憲法が許すのは、我が国の存立を全うし、国民を守る自衛の措置だけだ。外国の防衛を目的とする武力行使は行わない。」
「外国を防衛目的とする武力行使」こそが集団的自衛権なのに、そんな当たり前のことも分からずに行使を容認したのだから、バカの極みだ。

「むしろ万全の備えが、日本に戦争を仕掛けようとするたくらみをくじく大きな力を持つ。それが抑止力だ。」
この発言に一番驚いたのだが、「日本に戦争を仕掛けようとするたくらみ」などと公言するとは、完全に仮想敵国を想定しているとしか思えない。
正義の日本が、悪のたくらみを打ち負かすというような発想こそが、日本を戦争に突入させることになる。

「今回の閣議決定で、日本が戦争に巻き込まれる恐れは一層なくなっていく。日本が再び戦争をする国になるというようなことは断じてあり得ない。」
集団的自衛権を容認すれば戦争に巻き込まれないとは、どんなに頭をひねっても納得できないのだが、総理の思考回路はかなりユニークなようだ。
ただし、思考回路があればだが。
「風が吹けば桶屋が儲かる」ではあるまいし、総理の頭のネジはそうとう緩んでいるとしか思えない。

こんな、幼稚で未熟でバカな総理を最高指揮官に頂く自衛隊の皆さんは、一体どんな思いでいるのだろう。
自衛隊内からの、集団的自衛権容認反対の動きに期待したい。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

恩送り-ペイ・フォワード

「恩送り」という美しい言葉がある。 英語圏にもペイ・フォワードという類似の発想があり、2000年の映画「ペイ・フォワード(原題:Pay it forward)」で有名になった。 Wikipediaでは、「誰かから受けた恩を、直接その人に返すのではなく、別の人に送ること」と井上ひさしの説明を挙げている。 私は、井上の『井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室』を見ていないが、その本に...

妄想:極東の将来

中国の首脳が北朝鮮の首脳より先に韓国の大統領と会うのは異例であり、もちろん史上初めてである。まわりまわって安倍晋三の強引な右傾化を結果的に可能にしているのはこの二カ国 ...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示