集団的自衛権行使容認71%に「×」

「×」 集団的自衛権、行使容認71%…読売世論調査
2014年05月12日 08時55分

 政府が目指す集団的自衛権の行使に関して、「必要最小限の範囲で使えるようにすべきだ」とした「限定容認論」を支持する人は63%に上ることが、読売新聞社の全国世論調査で分かった。

 「全面的に使えるようにすべきだ」と答えた8%と合わせて計71%が行使を容認する考えを示した。行使容認論の国民への広がりが鮮明となり、近く本格化する集団的自衛権を巡る与党協議にも影響を与えそうだ。

 9~11日に実施した世論調査では、限定容認論を選んだ人が前回調査(4月11~13日)より4ポイント上昇した。一方、「使えるようにする必要はない」と答えた人は25%で、前回より2ポイント下がった。

 支持政党別にみると、限定容認論への支持は、自民支持層で7割を超えた。公明党は集団的自衛権の行使容認に慎重だが、限定容認論を選んだ同党支持層は7割近くに上り、党と支持者の間で考え方に隔たりがあった。民主支持層と無党派層でも、限定容認論はいずれも6割近くに上った。


読売新聞の調査だから、ある程度のバイアスはかかっているかもしれないが、それにしても行使容認が71%とは驚きだ。

しかし容認すると答えた人たちは、集団的自衛権というものがどんなものなのか、その行使によってどんな結果がもたらされるかということを、本当に分かった上で答えているのだろうか、かなり疑問だ。

なにかと集団行動が好きで、まわりの顔色を窺わなければ動けない日本人には、「集団的」自衛権という言葉の響きが案外心地よく、中身を吟味することなく安倍政権の言うことを鵜呑みにしてしまっているのかもしれない。

日本人が本当に団結して自衛すべき相手は、国民を戦争に巻き込もうと暴走する、安倍政権でなければならないだろう。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示