「×」 東京に五輪開催の資格なし。

「×」 「五輪招致にマイナス」着服隠す トップリーグ連携機構
朝日新聞デジタル 3月15日(土)5時39分配信

 9競技12リーグの活性化を目指す日本トップリーグ連携機構(会長・森喜朗元首相)の元職員が2011年度、約1千万円を着服していたことが14日分かった。12年5月に内部で発覚したが、総務担当役員と事務局長が「表面化すれば元職員の家族に影響が及び、20年東京五輪招致にマイナスになる」として、理事会、総会に諮らず、独自判断で刑事告訴見送りや元職員の家族から弁済を受けるなどの対応をしたという。

 同機構によると、元職員は会計担当で、11年度決算前に無断欠勤が続いたことをきっかけに問題が発覚。総務担当役員と事務局長が11年度決算で未収金として処理し、元職員の家族から13年3月に全額弁済を受けたという。

 会長の森元首相は当時、東京五輪招致委員会の評議会議長だった。総務担当役員は「スポーツ界で不祥事が相次いでいたこともあり、森元首相が先頭に立っている東京五輪招致に悪影響を及ぼしたくなかった。機関決定なしに処理を進めた責任を問われても仕方ない」と話している。理事会には今年1月に報告され、市原則之専務理事は「(13年9月の)東京五輪決定後に初めて知った。監督責任を感じる」として、森会長に進退伺を提出している。(阿久津篤史)


森元総理が会長を務める組織の元職員が1千万を着服していたことが発覚しながら、東京五輪招致に不利になるとの思惑でそれを隠していたことが明らかになった。

安倍総理の福島原発汚染水漏えい隠ぺいだけでなく、今回明らかになった不祥事隠ぺいによって招致した東京五輪など、開催の資格はない。

即刻返上するのが筋だろう。

それがいやなら、最低限、森元総理は五輪組織委委員長を辞任すべきだ。
トップリーグ連携機構の役員や理事の辞任という、トカゲのしっぽ切りでお茶を濁してはいけない。
  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハゲタカ企業と「利他」

二宮厚美の『安倍政権の末路』を読んでいて、びっくりするような「富豪」についての記述に出会った。 スーザン・ジョージは「一%」のウオール街住人を語って、彼らは貧困になろうとしても、もはや決して貧困になることのできない人々である、と形容している。この世に生きているかぎり、どうあがいても、決して貧困になることができない人々-これが富豪の定義だというのである。なぜ、彼らは貧しくなろうとしても、...

こんな愛国者は、いらない!

先日、テレビでおなじみの田崎史郎氏(時事通信社、解説委員)の講演を聴く機会がありました。テーマは「日本は良くなるか、安倍政権下の政治と経済」で、政治家の役割や政党のマニュフェストではなく政治家個人の思想・嗜好・人脈で政界の流れ、つまり日本の政治の行方が...

動いているものはなにか?新国家主義?

とうぜん、レイシズムや「偏狭な」ナショナリズムはただちに排除すべきであり、いずれもこころより憎むべきイズム(主義主張)である。その前提を断固崩すつもりではない。 それ ...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示