川内原発の優先審査に「×」。

「×」 川内原発を優先審査=合格第1号の可能性―再稼働時期は見えず・規制委
時事通信 3月13日(木)10時3分配信

 原発再稼働の前提となる新規制基準の適合性審査(安全審査)で、原子力規制委員会は13日、九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)の安全審査を優先的に進めることを決めた。合格第1号になる見通しで、最初に再稼働する可能性が高まった。規制委は川内原発の審査書案の作成作業に入るとともに、一般からの意見募集や地元で開く公聴会の準備を進める。
 田中俊一委員長は「大きな審査項目としてクリアできたのは川内1、2号機だけ。細かい審査は残っているが、審査書案の作成準備に入る」と述べた。九電は早期の再稼働を目指すが、安全審査の終了後も、地元の同意など残された手続きは多く、時期の見通しは立っていない。
 13日の会合では、地震や津波の審査を担当する島崎邦彦委員長代理と、設備・機器担当の更田豊志委員が各原発の審査状況を説明した。
 優先審査の対象になるには、原発で想定される地震の揺れ(基準地震動)と津波の高さ(基準津波)が確定している必要があるが、島崎代理は「細かい数値は多少変わる可能性があるが、川内だけは(ほぼ)確定した」と述べた。
 更田委員も「機器側の審査で(先行する)6原発の間に明確な差は見られない。川内1、2号機は、重大事故対策への取り組みは十分満足できる」と評価した。他の委員からも、優先審査に進むことに異論は出なかった。
 

東日本大震災の追悼式からわずか2日後に原発再稼働に向けて動き出すとは、原子力規制委員会は、福島原発の過酷事故を一体何だと思っているのだろう。

規制委員会には、原発を動かさないという選択肢が念頭にないように見えて仕方がない。

九州で原発事故が起きれば、偏西風によって日本全土が放射能に汚染されることを考えれば、川内原発の再稼働は絶対に許されない。

原子力規制委員会を規制することが必要だ。
  

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

刀舟出過ぎじゃない?で、で、でもやっぱり「叩っ斬ってやる」

またもや著作権無視で失礼するがこのコピーは秀逸だ!! 今住んでいるところは鹿児島県である。そして鹿児島県川内市の原発が再稼働しそうである。なぜなら自然災害や活断層など ...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示