「×」 財政破たんへまっしぐら?バブル予算が衆院通過。

「×」 14年度予算案が衆院通過=年度内成立確定
時事通信 2月28日(金)18時39分配信

 一般会計総額95兆8823億円の2014年度予算案は28日夜の衆院本会議で、自民、公明両党などの賛成多数で可決、参院に送付された。憲法の衆院優越規定により、参院での議決がなくとも30日後に自然成立するため、予算案の年度内成立が確定した。政府・与党は13年度補正予算と合わせて切れ目なく執行し、4月の消費税率8%への引き上げによる景気の腰折れ回避に全力を挙げる方針だ。
 安倍晋三首相は28日夜、首相官邸で記者団に「いよいよ来週から参院に(審議の場が)移る。さらに一層、身を引き締めて丁寧に誠実に対応していきたい」と語った。
 14年度予算案は、第2次安倍内閣が初めて概算要求段階から関わり、本格編成した。東京五輪開催に向けたインフラ整備などの公共事業費や、中国の海洋活動拡大に対応する防衛費の積み増しなどで、予算規模は過去最大となった。


巨大与党のやりたい放題で、まったく頭にくる。

消費税増税が決まると、社会福祉目的も財政健全化もかなぐり捨て、昔ながらの土建予算と防衛費の大判振る舞いという無茶苦茶ぶり。

それにしても参院で「丁寧に誠実に対応」するというのなら、衆院でなぜもっとじっくりと予算審議しないのか。

これほど平気で嘘をつく、不誠実な総理も珍しい。

安倍総理は選挙で審判を受けたと威張っていたが、地元の有権者は、こんな嘘付きを当選させて恥ずかしくないのだろうか。

総理とその支持者の辞書に、「恥」という言葉はないらしい。

  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

インフラ輸出政策と戦争

『民意のつくられかた』(岩波書店)や『「心」と「国策」の内幕』(ちくま文庫)などの著者、斎藤貴男。 今回は、その斎藤氏の『安倍改憲政権の正体』(2013年6月,岩波ブックレットNo.871)から。 目次 一 安倍政権をどう見るか 二 アベノミクス、TPP参加が意味するもの 三 衛星プチ帝国の臣民を育てるために -教育は誰のものか- 四 改憲への意欲 五 恥ずかし...

「死者のいた場所」 松井計著

この本では「餓死」「孤独死」「介護」について取り上げているが、私は「餓死」について考えてみようと思う。 少し古い資料になるが、平成21年の人口統計調査によると、日本の栄養失調による死者は3つのカテゴリーに分けられ、夫々以下の数字になっている。 「栄養失...

エレジー「♪しのぎを忘れた閻魔は 後ろの山に捨てましょか〜」

よ〜く考えてみると閻魔の仕事とはだただ漫然と地獄にいるだけでなく「うそつき」の舌を抜くことであった。先日、その候補者のN01と目される安倍晋三のこの世での所業を再び見て ...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示