「○」 春香クリスティーン、よくぞ言った!!

×」 春香クリスティーン、靖国参拝に「ヒトラーの墓参り」発言 ネット鎮火せず、朝鮮日報も追随
J-CASTニュース 12月29日(日)18時5分配信

 安倍晋三首相の靖国神社参拝をめぐる、タレント・春香クリスティーンさん(21)の発言が物議を醸している。問題となったのは、参拝当日の2013年12月26日にテレビ番組で行った「もしもドイツの首相がヒトラーのお墓に墓参りをした場合、他の国はどう思うのか?」という発言だ。

 春香さんは12月26日の「情報ライブ ミヤネ屋」(よみうりテレビ系列)にコメンテーターとして出演した。この日のトップニュースは安倍首相の靖国参拝で、近隣諸国との関係悪化を懸念する論調で番組は進められた。

 司会の宮根誠司さん(50)は「やっぱり隣国ですから、中国・韓国の歴史認識ってのは一致させたいのが理想」だとしながら、南スーダンでの内戦などを例にだし、春香さんに「隣同士で仲の良い国がどれだけあるのか」と問いかける。

 それに対して春香さんは、

  「海外でよくこの問題と比べられるのが、『もしもドイツの首相がヒトラーのお墓に墓参りをした場合、他の国はどう思うのか?』という論点で議論されるわけですけれど、まあ難しい問題ですよね」

と答えた。あくまで春香さん個人の意見ではなく、海外で「靖国参拝」と「ヒトラーの墓参り」が同列に扱われることがあると紹介したのみだったが、発言の一部がひとり歩きした結果、多くのネットユーザーから「英霊に対する侮辱」や「事実誤認がある」などと反発を浴びることとなった。

 すぐさまネット上では批判がうずまき、春香さんのブログやツイッターは「炎上」した。ブログには抗議コメントが殺到したが、そのいずれも即座に削除されたことが火に油を注いだ。26日以降、現在まで春香さんはブログ・ツイッターなどで発言をしていない。

 ネット掲示板「2ちゃんねる」では29日の現在もなお、

  「ヒトラーとか極端な例を挙げる必要ないからな」
  「『靖国参拝する日本人、外国人観光客、海外要人はヒトラーの信奉者も同然』と言ってるようなものだ」

などと、発言に対する批判が高まっている。


タレントの春香クリスティーンが安倍総理の靖国参拝に対して、海外では「ドイツの首相がヒトラーの墓に参ったらどうなのか」という議論があると紹介したことが物議を醸しているそうだ。

ネトウヨの諸君は、ヒトラーに例えられているのは靖国に合祀されているA級戦犯であって、他の戦死者ではないということが分からないようで気の毒だが、それとは別に、第二次大戦の戦争責任者はドイツはヒトラー、イタリアならムッソリーニと即答できるが、日本の場合はどうなのだろう。

今回ヒトラーに例えられたA級戦犯の中でも、一番有力なのは当時の首相だった東條英機だろうが、それでもヒトラーやムッソリーニと比べれば小物感を禁じ得ない。

独伊の両者と比肩しうるのは、やはり、昭和天皇をおいてほかにないと思われるが、しかし昭和天皇は、アメリカの占領政策の都合上助命となり、その戦争責任もあいまいにされ、その身代わりとして質より量ということでA級戦犯が断罪されたということだ。

この、日本における戦争責任のあいまいさが、現在まで続く中韓との確執の消えない火種としてくすぶり続ける原因だし、トップが責任を取らない日本の体質の根源かもしれない。

今回の春香クリスティーンの発言は「○」だが、それにイチャモンをつけるネトウヨ諸君には大きな「×」だ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新藤 義孝という伏兵あり。ますます燃え上がる靖国問題。

新年早々わざわざ靖国神社を日本国の総務大臣が参拝したことの意味は大きい。すでに昨年暮れの安倍総理の靖国参拝が中国韓国だけだろうという「予想」をはるかに超えて世界中から ...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示