「×」 嘘つきシンゾーと正直シゲル。

「×」 石破氏「特定秘密報道抑制すべき」…直後に撤回
読売新聞 12月11日(水)21時39分配信

 自民党の石破幹事長は11日、日本記者クラブで記者会見し、特定秘密保護法に関連して、報道機関が特定秘密を報じることについて「報道によって我が国の安全が極めて危機に瀕(ひん)するなら、何らかの方法で抑制されるべきだろう」と述べた。

 報道が処罰対象になる可能性を記者団に問われると、「最終的には司法の判断になる」と、否定しなかった。

 石破氏は直後に党本部で記者団に「特定秘密を漏えいした公務員は罰せられるが、報道した当事者は全く処罰の対象にならない。抑制は求めない」と述べ、発言を訂正した。その上で「(報道で)国家の平和や安全、人々の生命に影響が及ぶことは決して好ましいと思わない。そういうリスクを承知で報道するのは、報道機関の責任だ」と説明した。


石破幹事長がまたやった。

先日の「デモテロ」発言に続いて、今度は「報道抑制」発言だ。

特定秘密保護法には、「報道の自由に配慮する」規定があるが、そんなものは何の歯止めにもならないことを、政権党の幹部がバラしてしまうのだからお笑いぐさだ。

この法律の危険性を自ら証明したもので、言ってしまってから、いくら取り繕っても後の祭りだ。

それにしても、石破氏は隠し事のできない性格なのか、粘着質な口調ながら本音をズバズバ言ってしまって、逆にこの人の口から、日本の秘密が外国に漏れるのではないかと心配になるが、この法律を葬るためには更にドンドン本音を吐いて欲しいものだ。

嘘つきシンゾーは、正直シゲルのこの発言をどう思っているのだろうか。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示