「○」「×」驕る猪瀬は久しからず。

猪瀬知事、徳田議員から5千万受領…議員会館で
読売新聞 11月23日(土)3時16分配信

 東京都の猪瀬直樹知事(67)が昨年12月の知事選前に医療グループ「徳洲会」側から5000万円を受け取った問題で、知事は22日に記者会見し、徳田毅(たけし)衆院議員(42)から議員会館で直接、現金を手渡されたことを明らかにした。

 東京地検特捜部が、徳洲会側に返却された5000万円を押収していたことも判明。特捜部は、慎重に実態解明を進める。

 猪瀬知事によると、知事は昨年11月6日、徳田議員の父でグループ創業者の徳田虎雄・元衆院議員(75)が入院する神奈川県鎌倉市の病院を訪れ、知事選に出馬することを伝え、支援を要請。その後、徳洲会側から資金提供の申し出を受け、同月中旬、東京都千代田区の衆院議員会館で毅議員から5000万円を受け取った。この際、知事は「借用書を書いた」としているが、借入金は無担保、無利息だったという。


猪瀬都知事が徳洲会から、5千万円を受け取っていたことが分かった。

猪瀬の行為は「×」だが、それが暴かれたことは「○」だ。

知事選に最多得票で当選したことを鼻にかけ、ギネスに申請するなどとバカなことを言っていたが、その陰に徳洲会のカネが動いていたとしたら許されない。

東京五輪招致で伸びるだけ伸びきった猪瀬の鼻っ柱が、根元からポッキリと折れて、元のペチャ鼻に戻ったことだろう。

身から出たサビで、いいザマだ。

検察には徹底的な捜査が求められるし、猪瀬が自ら引責辞任しなければ、都民によるリコール、そして東京五輪返上までやって欲しいものだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天知る、地知る、人知る(3)

今日、秘密保護法案が衆議院を通過しそうである。昨日行われた福島での公聴会は、反対・慎重審議が大半だった。その翌日国会で強行採決する。秘密保護法案が如何に反国民的、反民主主義的法案であるかを示す象徴的出来事である。要するに、【国民は寄らしむべき、知らしむ...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示