山本太郎議員批判に「×」。

「×」 山本太郎議員を聴取 閣僚、与野党は批判の嵐…議員辞職要求も産経新聞 11月1日(金)12時48分配信

 山本太郎参院議員(無所属)が秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡した行為について1日、閣僚や与野党幹部から、「(天皇の)政治利用そのもので、議員辞職ものだ」(下村博文文部科学相)などと、批判が相次いだ。自民党の脇雅史参院幹事長は党役員連絡会で、山本氏が辞職しない場合は辞職勧告決議案の提出を検討すべきだとの考えを示した。

 参院議院運営委員会は同日午前の理事会で、山本氏に対する処分をめぐり対応を協議。岩城光英委員長らが山本氏を国会内に呼び、事情を聴取した。山本氏はこの後、記者団に対し「マスコミが騒がなければ、政治利用といわれることはなかった。議会の沙汰があれば受け止める」と述べ、自ら辞職する考えがないことを強調した。

 古屋圭司国家公安委員長は記者会見で「常軌を逸した行動だ。国民の多くが許されざる行為だと怒りをこめて思っているのではないか」と批判。新藤義孝総務相は「皇室へのマナーとして極めて違和感を覚える。国会議員ならば、新人とはいえ自覚を持って振る舞ってほしい」と語った。安倍晋三首相も周囲に「あれはないよな」と不快感を示したという。

 与野党でも厳しい意見が上がり、自民党の石破茂幹事長は記者会見で「見過ごしてはならないことだ」と言明。公明党の井上義久幹事長は「極めて配慮に欠けた行為だ」と指摘した。

 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は市役所で記者団に対し「日本の国民であれば法律に書いていなくてもやってはいけないことは分かる。しかも国会議員だ。信じられない」と批判を強めた。民主党の松原仁国対委員長も記者会見で「到底許されない」との認識を示した。


山本太郎参院議員が天皇に手紙を渡したことに批判の声が上がっているようだが、いったい何が悪いというのか。

「天皇の政治利用」とのことだが、天皇が政治に介入できないことは憲法で規定されているのだから、利用したくてもしようがないだろう。

以前、米長邦雄が、全国の学校で君が代を歌わせると言ったことの方が、よほど政治利用ではないか。

もし天皇が「強制は良くない」と言われなかったら、米長氏は天皇のお墨付きをもらったとして、ますます日の丸・君が代の強制に暴走しただろうことは想像に難くない。

これこそが、天皇の政治利用そのものだ。

また先日の東京五輪招致での、高円宮妃のIOC総会での演説は、皇室の政治利用ではないというのか。

これらのことはまったく批判しないで、今回の件を問題にするのは、恣意的なダブルスタンダードでしかない。

大日本帝国憲法には、「天皇は神聖にして侵すべからず」と書いてあったが、今回山本議員を批判する人々の頭の中身は、いまだに戦前の帝国憲法の時代から一歩も進んでいないようだ。

安倍政権は、憲法解釈を歪曲して戦争準備に精出すよりも、今上天皇の平和主義を見習って、憲法を順守しなければならない。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

モンサントは勝つだろうか? ワシントン州のGMO表示投票

ロシア・トゥデイ公開: 2013年11月5日、16:49 この投票日のワシントン州での投票で、対象になっている最大の問題の一つだが、誰かを当選させたり落選させたりする投票ではないものがある。イニシアチブ522は、遺伝子操作を受けたあらゆる食品には、そのことを表示することを要求するものだ。 多くの人々には退屈に聞こえるか

喜望峰:ロシア、シリアと、アメリカ覇権の衰え

2013年11月2日イズラエル・シャミールによるゲスト・コラムアメリカ覇権よ、さらば私が長く尊敬しているイスラエル人ライター、イズラエル・シャミールが、コラムを書いてくれたおかげ、私があえて書くまでもなくなった。読者の皆様方にも、我々二人の考え方の類似をご理解頂けよう。シリアを巡るアメリカ対ロシアの対立を、モスクワから

資料 原発事故 152 天皇

★ 秋の園遊会で天皇に手紙を渡した議員がいるという報道があった。手紙の中味は原発に関する由。 斧魔は招かれたことがないから園遊会が如何なるものかを知らないのだが、天皇皇后が主催する宴であるからして差しさわりのない話を連ね、なごやかな雰囲気で終始するのが暗黙のきまりになっているのではなかろうか。 差しさわりのある話がでたことはある。 2004年秋の園遊会では米長邦雄(将棋士...

山本太郎いじめに血道を挙げる国会の「愚」

田中正造は清貧のままで死んだが、彼が「敢テ一身ヲ以テ利害ヲ計ラズ」といって直訴した真の政治家として姿勢は称賛に値する。そして正造がいうように文明はヒトを殺すためにある ...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示