「×」 特定秘密保護法案が閣議決定。

「×」 秘密保護法案を閣議決定…「NSC」は審議入り
読売新聞 10月25日(金)10時49分配信

 政府は25日午前の閣議で、安全保障にかかわる機密情報を外部に漏らした国家公務員らへの罰則を強化する特定秘密保護法案を閣議決定した。

 同日夕に国会に提出する。また、先の通常国会から継続審議となっている国家安全保障会議(日本版NSC)設置法案は、同日午後の衆院本会議で審議入りした。政府・与党は、両法案を「官邸主導」による安全保障政策の推進に不可欠と位置づけており、今臨時国会での成立を目指す。

 菅官房長官は25日午前の記者会見で、特定秘密保護法案について「外国との情報共有は、情報が各国で保全されることを前提に行われている。秘密保護法制の整備は喫緊の課題だ」と強調した。

 特定秘密保護法案は、安全保障に絡む「防衛」「外交」「スパイ防止」「テロ対策」の4分野の機密情報のうち、特に漏えい防止が必要なものを、閣僚らが「特定秘密」に指定することが柱だ。機密情報を漏らした国家公務員らへの罰則は、現行法(国家公務員法で懲役1年以下、自衛隊法で同5年以下)より大幅に厳しくし、最長で懲役10年と定めた。


なんという酷い内閣だ。

安倍も麻生も、時計の針を逆回転させて、自分たちのジジイの時代に逆戻りさせたいのだろうか。

この法案が通れば、政府に都合の悪いことはすべて闇の中に葬られ、国民の耳目は塞がれてしまう。

戦前戦中の言論の自由のなかった時代は、まさにそのような状態だっただろうし、今がこれから始まる新しい戦争の戦前になったのかもしれない。

第二次安倍内閣は、戦争準備内閣である。

こんな日本に誰がした。

ああ、腹立つ。

  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まずそれを正しく認識することである。考えることを止めてはいけない。

最近、この男はいったい何を考えているのかとよくひとに問われることがある。そのときの僕の答えは極めてシンプルで驚かれることがある。 僕が「なにも考えていないのではないで ...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示