日本が民主主義の国なら、即刻解散すべきだ。

このところバタバタしていて、更新がとどこおってしまった。反省。



【怒】 <自民党>古賀選対委員長「年内の衆院選避けるべきだ」

2月16日12時26分配信 
毎日新聞










 自民党の古賀誠選対委員長は16日午前、福岡市で開かれた党福岡県連大会であいさつし、「自民党が衆院で持っている305議席がいかに大切か。(次期衆院選で)305議席を取るのは到底不可能だ。福田政権は、衆院解散・総選挙を急ぎ、この大事な財産を失う愚かなことは考えていない。この財産を守るのが今年は大事なことだ」と述べ、年内の衆院選実施は避けるべきだとの考えを強調した。【堀井恵里子】



まったく、バカが付くほどの正直な発言だ。

この発言からわかることは、古賀氏および自民党が考えているのは、国民のことではなく党の事だけだということだ。

解散は民意を問うためのものであり、自民党のためにはならないかもしれないが、解散こそが国民のためになるのだ。

福田総理は、即刻解散すべきだ。






●その他、最近気になったこと。



※中川自民党幹事長が、直近の民意は参院選ではなく、大阪知事選や岩国市長選だと言っていた。

アホである。

候補者の知名度だけで勝った大阪や、札束とデマと締め付けでぶん取った岩国が、国政選挙と同列に考えられるはずがない。

本当の民意は、解散総選挙で問われなければならない。





※米大統領選 ニューヨーク州予備選で集計ミス


2月18日8時1分配信 産経新聞









 ■オバマ氏「ゼロ票」…実は「136票」



【ワシントン=山本秀也】今月5日のスーパーチューズデーに行われた米大統領選のニューヨーク州予備選で、地元選出のヒラリー・クリントン上院議員が勝利した民主党の暫定開票結果に不自然な点があると、米紙ニューヨーク・タイムズが16日伝えた。クリントン氏の勝利は揺るがないものの、最終的に獲得代議員数の配分が変わる可能性が出てきた。



 同紙によると、黒人居住者が密集するニューヨーク市のハーレムにある選挙区の一部で5日夜、「クリントン氏141票、オバマ氏ゼロ票」と発表されたが、再集計の結果、「クリントン氏261票、オバマ氏136票」と、全く違っていたことが判明した。



 こうした「オバマ氏ゼロ票」という結果は、ニューヨーク市6106カ所の選挙区のうち約80カ所で出ており、現在慎重な洗い直しが進んでいる。原因は明らかでないが、選対関係者は機械の読み取りミスや人為的な誤りの可能性を挙げる。



 CNNテレビによると、民主党のニューヨーク州予備選では、クリントン氏が得票率57%で代議員139人を獲得。オバマ氏は得票率40%、獲得代議員数93人だった。同テレビの出口調査では、黒人有権者は53~68%が「オバマ氏に投票」と回答しており、ハーレムで同氏の得票が「ゼロ」という結果はあまりにも不自然だった。



ブッシュの当選以来、アメリカの選挙はどうも信用が置けない。

日本でも、電子投票が取り入れられれば、選挙の透明性が損なわれるだろう。

電子投票には反対だ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示