消費税増税の目的外使用に「×」。

「×」 東京五輪へ公共事業=法人税軽減も明記―5兆円経済対策素案が判明
時事通信 9月13日(金)2時32分配信

 政府・与党が消費増税による景気腰折れを回避するため9月中に策定する経済対策の素案が12日、明らかになった。2020年の東京五輪開催に向けた公共事業や増税時の低所得者向け現金給付などを盛り込んだ。対策の規模は消費税収2%分に相当する5兆円を設定。さらに法人実効税率の引き下げを強く求める経済界に配慮し、素案には「近い将来に法人税を5~10%軽減」と明記した。

 デフレ脱却を最重要課題に掲げる安倍政権は、消費増税で新たに生じる国民負担が回復傾向にある日本経済を萎縮させかねないと判断。消費税率3%引き上げによる景気への悪影響を実質1%程度に抑え込むため、財務省が想定していた「2兆円」を上回る規模の対策を打ち出す方針を固めた。

 対策の素案は、企業の設備投資を促すため今後3年間に導入した設備を対象に固定資産税を5年間軽減することや、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を活用した再生医療など革新的な研究開発支援に予算を重点配分することなども列挙した。


消費税増税の用途は、あくまでも社会保障費と財政再建のためであり、国民もそれなら仕方ないとある程度の理解を示していたと思うのだが、増税決断の段階に来て、3%のうち2%は経済対策に使うのだという。

社会保障や財政再建よりも景気の方を優先しようという思惑だが、法人税率を下げてしまえば、いくら景気が上昇して企業が儲けても税収は上がらず、財政再建は難しくなる。

増税の恩恵は国民にではなく、ほとんど大企業のために使われてしまう。

国民には社会保障と財政再建のためだと言いながら、実際は企業の儲けのために消費税を使うというのであれば、これは国による国民に対する立派な詐欺に他ならないのではないか。

今までも、消費税分にほぼ相当する額の法人税が減税され、庶民の財布から巻き上げられたカネが大企業のために使われてきた。

オレオレ詐欺にも注意しなければならないが、国による増税詐欺を許してはならない。

何でもかんでも東京五輪バンザイでは、国民生活は破綻する。

  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

9/14: 疑問点が余りに多い秘密保護法案・パブコメ募集(2週間受付) 国民主権・知る権利裏切り!? 否、広く衆知を集べし

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子) 老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示