有識者という名の世間知らずに「×」。

「×」12年4月が「景気の山」…09年4月から拡大

読売新聞 8月21日(水)15時8分配信

 内閣府は21日、有識者で構成する「景気動向指数研究会」(座長=吉川洋・東大教授)を開き、景気拡大局面から後退局面の転換点を表す「景気の山」が2012年4月だったと暫定的に判定した。

 09年4月から始まった景気拡大は3年1か月(37か月)で、戦後6番目の長さとなる。

 同研究会は、鉱工業生産指数や有効求人倍率など、景気に関係の深い指標の状況を月ごとに調べ、改善したものの割合が50%を超えれば景気は上向いているとする「ヒストリカルDI」をもとに判断した。12年4月は54・5%で、同年5月~11月は50%未満だった。

 08年9月のリーマン・ショック後、09年3月が「景気の谷」で、その後、拡大局面に入った。東日本大震災が発生した11年3月に、ヒストリカルDIが一時的に45・5%まで落ち込んだが、翌月から再び50%を超えたため、景気が変化した局面とは判断しなかった。
.
最終更新:8月21日(水)15時8分


内閣府の御用学者によると、09年4月から12年4月までの37か月にわたって、日本の景気は拡大していたそうだ。

アベノミクスで景気回復が喧伝されるよりも、かなり以前の話である。

アベノミクスの異次元緩和によっても、一般庶民には景気回復の実感などほとんどないのに、その当時、景気が拡大していたなど、一体どこの国のお話ですかという事だ。

こういう、数字ばかりを見て、現実の市民生活が何も分かっていない学者先生の意見が、消費税増税に影響を与えるかと思うとやり切れない限りだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

改憲の先取り、実体化を測る安倍政権

http://web-kenpou.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-0862.html 許すな!憲法改悪・市民連絡会: 北岡伸一: 集団的自衛権巡り、「歴代内閣の憲法解釈は間違い」 2013年8月14日 (水)    (本文)=安倍

8/22: 市教委に相次ぐ要請支持 「子どもたちと保護者に十分な説明責任を果たしていない」「知る権利」を侵害しかねないと

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子) 老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示