諸悪の根源たる米軍に加担してはならない。

「×」 オスプレイの追加配備が今まさになされようとする時に、米軍ヘリの墜落事故が起きた。

かつてそうだったように、この事故の調査に日本側はまったく関与できず、アメリカの事後報告をはいそうですかと聞くことになるのだろう。

まったく情けない限りだ。

それもこれも、すべてアメリカの都合だけを考えた日米地位協定のせいである。

ここで集団的自衛権について考えを巡らせば、日本はアメリカが日本を守るための軍事行動をすると想定しているが、そんなものがまったくの幻想に過ぎないことは、これらのヘリ墜落事故の現実をみれば自明の理であろう。

アメリカの行動はすべて自国の利益のためであり、日本の防衛のために行動するなどあり得ないことだ。

形式上は日米が共同で軍事行動を行うことがあるとしても、それはそのことがアメリカの利益になるからであって、その目的が日本防衛のためなどとは見当違いも甚だしい。

しかし安倍総理をはじめとする日本のお偉方は、アメリカが何を置いても日本を守ってくれるのだから、アメリカが攻撃されれば日本が反撃するのは当然だなどとふざけたことを言うのだ。

米軍は対テロ戦争で、無人爆撃機による民間人無差別攻撃など、手段を選ばぬ殺戮で世界の恨みを買っている

アメリカの非道さは、原爆投下や日本各地への無差別空襲で証明済みではないか。

日本が北朝鮮や中国の脅威を口実に米軍に加担すれば、限りのない対テロ戦争に巻き込まれ、人道的にも経済的にも取り返しのつかない打撃をこうむることになる。

憲法改悪も、集団的自衛権の容認も、断じて許してはならない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イラクは主権ある独立植民地?

Jacob G. Hornberger 08年8月26日 ブッシュ大統領とイラク首相ヌリ・アル・マリキとの間で、アメリカ軍がどれだけの期間イラクに駐留するのか、そして、当座の間、占領軍はイラクの法律に制

8/8: 生活保護基準下げに抗議 憲法の保障する「最低限」の実質を人為的に破ることは、憲法違反!? 政府であれ、党であれ、権力者!

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子) 老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示