「×」アベノミクスで儲ける自動車業界が賃上げ拒否!!

「×」 自動車業界、国内増産投資も賃上げも困難
東洋経済オンライン 7月11日(木)12時55分配信

 歴史的な円安回帰でも、国内設備投資の増加も賃上げも難しい――7月11日の定例記者会見で日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は、このような厳しい見通しを示した。

 景気の本格回復に向けては国内設備投資の増加が欠かせず、製造業で最大のセクターである自動車業界への期待も高い。すでに為替水準も、実質実効レートではリーマンショック前の水準を超える円安で、1985年のプラザ合意前のレベルに戻っている。為替面では歴史的な輸出競争力を持ったといえる。

■ 円安で輸出競争力回復も増産投資には慎重

 ただ、自動車各社の基本方針は消費地での現地生産。すでに新興国を中心とした世界各地で増産投資を着々と進めている。豊田会長は、自動車の国内販売台数が前年比マイナスで推移し、国内生産能力に余剰がある状況では、たとえ設備投資減税等があったとしても、国内で増産投資を行う状況にないと強調した。

 また、足元は円安などの追い風はあるとはいえ、リーマンショックから回復し再成長へのスタート地点に立ったばかりで、雇用を維持するのが精一杯と、一時的なボーナス引き上げはともかく、月例給与の引き上げには否定的な姿勢を示した。

■ 自動車関連の減税を要望

 その一方で、自動車の国内需要を喚起するには、自動車関連税の引き下げが不可欠と繰り返し強調。自動車関連税では、消費税増税に合わせて自動車取得税の廃止を勝ち取っているが、国際的にみて自動車関連税の水準はまだかなり高いと指摘。国際貿易交渉で軽自動車の優遇税制が指摘されることを引き合いに、軽の水準が国際標準であり、登録車全体も軽の税体系に合わせれば海外の小型車の輸入増にもつながる、と懸念を示した。


アベノミクスで一番恩恵を受けているだろう自動車業界にして、この認識というのが現実だ。

大企業がどんなに儲けても、その果実は企業と投資家が吸いつくし、賃上げには回ってこない。

日銀総裁が景気回復を宣言し、所得増には「もう少し時間がかかる」なんて言っているが、そんなものは嘘っぱちだ。

いくら待っても所得は増えない。

円安・株高でも、庶民には何の恩恵もないのである。

これだけハッキリ宣言されて、それでもなおアベノミクスと自民党を支持するというのなら、どんなに酷い目に合わされても自業自得としか言えないのだが、反対している者も巻き添えにされるのだからたまらない。

円安で物価高に苦しめられる庶民には、アベノミクスの恩恵は何もない。

投資家でも金持ちでもない大多数の日本人は、アベノミクスが振りまく幻から目を覚まして欲しい。

自分で自分の首を絞めるだけでなく、他人にも大きな迷惑をかけるということを認識して欲しいものだ。

  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

7/12: 非正規労働者、過去最高の38.2%に 人権敵視したり、非正規におんぶしたりの歪な日本社会!?安倍・自公政権?

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十期に入りました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子) 「護憲+」ブログ
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示