新暦の七夕を繰り返す愚に「×」。

今日は七夕ということで、七夕にちなんだ様々なニュースが流れていたが、しかし、七夕は新暦でやっても本来の意義は実現できない。

新暦の7月7日は例年梅雨の最中であり、天の川が煌々と浮かぶ星空が見られる旧暦の7月7日か、さもなければ月遅れに行なってこそ、七夕の意味がある。

こんなことは少し調べれば分かることだし、知っている人も多いだろうが、マスコミは一切このことには触れず、性懲りもなく毎年雨の七夕が繰り返される。

なぜなのだろう。

あるべき姿は分かっているのに、訂正しようとしない。

原発の危険性、放射性廃棄物の危険性は誰の目にも明らかなのに、その不利益には一切目をつぶって、目先の利益だけのために原発を動かそうとする考えや、諸悪の根源である自民党を支持することと、どこか似ているような気もする。


日本人は、自分の頭で考えることを忘れてしまったのだろうか。

 
スポンサーサイト

コメント

実は7月7日は僕の誕生日なんです。もちろん戦後生まれですからずっと新暦です。だすから旧暦の季節感がほんとの七夕なのでしょうが物心ついたときから、まだ梅雨の明けきれぬ早い雲や不安なしかしじわっと夏の予感が僕の誕生日(七夕)というイメージが定着してしまっています。あるべき姿は知っていても幼児記憶だけは訂正できません。旧暦にちかい仙台七夕はそれはそれで好きなんですが、、、。

Re: タイトルなし

こんばんは、コメントありがとうございます。

そしてお誕生日おめでとうございます。

閻魔さまは私より、少し年上の方と想像しますが、当方は田舎育ちだからでしょう、子供のときの七夕は月遅れで、夏休みの子供会の行事としてやっていたように記憶しています。

やはり幼児記憶というのは、いつまでも残りますね。

しかし順番から言えば、夏の天の川を見上げた先人が、あの七夕の物語を思いついたのでしょうから、梅雨空の下の七夕と言うのは、やはり首をかしげてしまいます。

メディアが七夕を騒ぎ立てるのなら、旧暦のことにも一言触れてほしいものだと思うのですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

7/8: 『経営悪化するから、早期の再稼働を目指す』???は、巨額の費用がかかる原発(断念)と好対照 救いもない!?

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十期に入りました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子) 「護憲+」ブログ
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示