終わった人に終わりを宣告された橋下。

「○」 慎太郎氏が橋下市長に「終わったね…この人」
スポーツ報知 6月19日(水)7時3分配信

 日本維新の会の石原慎太郎共同代表(80)は18日、スポーツ報知の取材に応え、共同代表の橋下徹大阪市長(43)について「終わったね…、この人」と“三行半”を突きつけた。昨年11月の太陽の党の維新合流以来、蜜月関係だったはずの2人。参院選を前に絶縁危機に陥っていることを明かした。

 さらに「徹底的に違うことはあいつが『あの戦争は侵略戦争だ』と言っていること」と明言。「俺は『侵略じゃない。マッカーサーも防衛の戦争だって言ってるじゃないか。君、そういうのどう思う』って聞いたら、それでも『侵略です』と。もう埋まらない。根本が違う。こんだけズレちゃうと困っちゃうよね」と苦笑い。将来的に価値観を共有できる可能性について「ないね」と言い切った。

 石原氏は、昨年12月の衆院選以来、常に「橋下氏を首相にしたい」と言い続けてきた。だが、この日は「そういう歴史観持ってる人間だと(首相は)ダメだね」と、自らの言葉までも撤回した。

 問題の根本となった橋下氏の慰安婦発言については「(発言直後の5月に)名古屋でお説教したんだ。するとね、おれが3分話すと、10分ぐらい答弁するんだよ(笑い)。やっぱり弁護士だね」とあきらめの表情。「発言に理屈は通ってるんだけどさ、言っていいこといけないことあるじゃない。『どの国も軍隊は慰安婦やってた、なんで日本だけとがめられるんだ』というのは、それはそれで彼の意見だけど、それを言えば…ねぇ」と苦笑いするしかなかった。

 今までは橋下氏を擁護してきた石原氏だが、7月の参院選への影響は避けられない情勢となった。


とっくに終わっている老害慎太郎に終わったと言われたのだから、橋下が終わったことは確かだろう。

それにしても、なんと低レベルな争いだろう。

橋下の慰安婦発言を擁護しながら、「あの戦争が侵略戦争だった」と言ったことを理由に橋下を見限るとは、石原の頭の中は軍国少年のまま、成長が止まっているのではなかろうか。

こんな国粋主義者を、都知事や国会議員に当選させた有権者の罪も重い。

口先だけの橋下を、知事や市長に当選させた府民・市民も同様だが、彼らをミスリードしてきたマスコミの罪が一番大きいのではないか。

彼らを引っ張りだせば視聴率が取れるというだけで、言いたい放題言わせてきたテレビの罪の大きさは計り知れない。

維新の終わりははっきりしたが、安倍改憲復古政権を終わらせなければ、日本に未来はない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

6/20: 原発事故による指定廃棄物、福島に集約せず 各県で処理・原則、支持、仮に、更に不都合事案があれば別途!?処理

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十期に入りました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子) 「護憲+」ブログ
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示