ウィリアム王子の祖先にインド人。

「○」 ウィリアム英王子に「インド人の遺伝子」、唾液分析で判明
AFP=時事 6月14日(金)11時7分配信

【AFP=時事】ウィリアム英王子(Prince William)がインド人の祖先をもっていることが、英エジンバラ大学(University of Edinburgh)のチームが行った唾液サンプルの分析により判明した。英誌タイムズ(Times)が14日、伝えた。王位継承権第2位のウィリアム王子が王位を継承すれば、英連邦(Commonwealth)で最大の人口を抱えるインドにルーツを持つことが証明された初の英国王になる。

 ウィリアム王子の7代前の祖先に当たる「Eliza Kewark」という名の女性は、これまでアルメニア人だと考えられてきたが、サンプル分析の結果、インド人の血が少なくとも半分入っていたことが分かった。

 分析を行ったエジンバラ大の遺伝子専門家、ジム・ウィルソン(Jim Wilson)氏によると、ウィリアム王子が持つインド人のルーツを示す証拠は「ゆるぎない」ものだという。

 ウィリアム王子と、7月に第1子を出産予定の妻、キャサリン妃(Catherine, Duchess of Cambridge)はこれまでインドを訪問したことはない。【翻訳編集】 AFPBB News


イギリスでは、王室に対してもこのような調査をするとは面白い。

日本でも皇室に対してこのような調査を行えば、朝鮮半島との関係が「ゆるぎない」ものだということが明らかになるだろう。

いたずらに韓国といがみあったり、在日朝鮮・韓国人に対するヘイトスピーチを煽ったりすることは、日本の皇室に対する侮辱になるのではなかろうか。

自分の首を絞めるようなまねは、やめる方がいいだろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

6/17: 元外務審議官の田中氏、安倍首相の「外交を語る資格がない」に反論 国家が言論封殺の危惧!? 従軍慰安婦~憲法破棄迄

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十期に入りました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子) 「護憲+」ブログ
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示