菅官房長官の言い訳に「×」。

「×」 株急落「異次元緩和」前の水準に…急速な円高で読売新聞 6月13日(木)18時56分配信

 13日の東京株式市場は急速な円高進行を受けて全面安の展開となり、日経平均株価(225種)の終値は前日比843円94銭安の1万2445円38銭と、日本銀行が「量的・質的金融緩和」の導入を決めた4月4日の終値を下回った。

 東京外国為替市場では円買い・ドル売りの動きが強まり、円相場は一時、4月4日以来の円高水準となる1ドル=93円75銭まで上昇した。

 日経平均の下げ幅は、1143円急落した5月23日に次ぐ今年2番目の大きさ。直近の3週間で日経平均は3181円下落する一方、円相場は10円近く上昇しており、緩和後に進んだ円安・株高がほぼ元にもどった。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が量的緩和の縮小を早めるとの思惑から米国市場で株安が進み、投資家の心理が悪化した。運用リスクの高い株式への投資を避ける一方、安全資産とされる円を買う動きが強まった。


黒田日銀総裁が鳴り物入りで実施した「異次元緩和」の効果があれよあれよと言う間に雲散霧消し、元の木阿弥に戻ってしまった。

アベノミクスの化けの皮が剥がれてきたのは誰の目にも明らかなところだが、そうでない人もいるようだ。

「今も円安・株高」=菅官房長官
時事通信 6月13日(木)18時9分配信

 菅義偉官房長官は13日午後の記者会見で、急激な円高・株安について「安倍政権のスタート当初と比較すると株価は4割上がっているし、円相場も1ドル当たり15円くらい円安だ」と述べ、今も円安・株高の水準にあるとの認識を示した。
 官房長官はさらに「実体経済、先行指標は間違いなく良くなっている」と指摘し、政府・日銀の対応について「全幅の信頼を持って日銀の金融政策を見守る。一喜一憂せず、自信を持って政府の経済政策を進めていく」と強調した。


どう考えても、苦しい言い訳としか言えない。

「異次元緩和」に続く3本目の矢の「政府の経済政策」が、市場からノーを突きつけられたということを、まったく認識できていない。

まあ、市場というカネの亡者どもの顔色をうかがう政策を是とするわけではないのだが、今の経済政策に自信を持ってもらっては国民が迷惑する。

金持ちのことしか考えていないアベノミクスから、庶民のための経済政策に転換されなければならない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アホノ、、アベノミックス?やかましいや!この野郎!

国家公認の博奕場の風景も「牛ちゃん」の時代から変遷をとげ、いまや古い渡世人(兜町の住人)では手も足も出ないカジノの世界になっている。 せめて毛唐のしっぽを追いかけて行 ...

6/14: 米情報収集の告発者は 「愛国者」、否定的意見を上回る 日本では? 民主主義国家・その主権者としては同じ筈!!! !?

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十期に入りました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子) 「護憲+」ブログ
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示