「×」 テロ対策が必要な原発は明らかに高コスト。

「×」 福島第2原発大規模訓練 背景に内部構造が世界中に知られたこと
フジテレビ系(FNN) 5月11日(土)21時52分配信

福島第2原発で11日、テロリストの侵入や攻撃を想定した警察と海保の大規模訓練が行われた。
原発のテロ対策が今、急ピッチで進められている背景には、福島での事故以降、内部の構造が、世界中に知られてしまったことにある。
公共政策調査会・板橋 功第1研究室長は「福島の事故の前に行ったときは、1枚も(原発内の)写真は撮らせてもらえなかった。それほど厳しかったのに、今回の事故後、原発の施設の配置が明らかになってしまった。セキュリティー上厳しかった。しかし、今は施設の配置が明らかになってしまった」と話した。
外部から、武装して侵入するテロリストだけでなく、施設内で働く作業員による情報漏えいや、テロリストの内部協力者を排除する対策が必要だ、という声が高まっている。
現在、日本では原発内部で働く作業員に関して、免許証などの身分の確認だけで働くことができ、対策が十分とはいえない。
公共政策調査会・板橋 功第1研究室長は「犯罪歴や薬物使用歴、経済状況を調べて、(テロリストの)内部協力者にならないか判断する。先進国ではほとんどの国がやっている」と述べた。
IAEA(国際原子力機関)からも各国に勧告されている身元調査制度。
日本では、プライバシーの観点などから義務づけられておらず、福島第1原発事故直後に作業員の名前や住所の確認をきちんとしていなかったことから、現在も10人の作業員の行方がわかっていない。
国の原子力規制委員会も、2013年3月から見直しの検討を始めているが、関係機関との協議や法律の改正などに時間がかかる見通し。
外部からの武装テロリストと、作業員になりすましたテロリストの内部協力者の可能性。
原発事故以降、両方を想定した対策が急がれている。


今まで一応言及されていたものの、現実的問題として表面化しなかった、テロという原発のもうひとつの危険性がクローズアップされた。

このテロの危険性というのは、もちろん原発特有のもので、火力や水力、風力や太陽光発電ではありえないものだ。

廃炉や廃棄物処理のコストを隠ぺいして、安価さを偽装してきた原発だが、新たにテロ対策のコストも考慮しなければならず、他の発電方法に比べて実際にはかなり割高になることは明らかだろう。

たかが湯を沸かすだけのために、なんで原子力などという大げさで危険な物を使う必要があるのか。

必要はないが、カネになるからでしかない。

それもすでに十分カネを持っている奴らが、更なるカネモウケのためにやっている。

カネの亡者だ。恥ずかしい限りだ。
  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

福島事故の壊滅的影響: 放射線による世界的な危険

Stephen Lendman Global Research2013年4月28日 “ただちに危険ではない:放射まみれの地球を予測する”という題名の著書の中で、放射能/環境衛生専門家、ロザリー・バーテル(1929 - 2012)はこう言って...

5/12: ネット選挙、候補者広告に抜け道 無所属は不利? 政党支部の広告に支部長・名前や顔写真掲載 与野党の指針で可

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十期に入りました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子) 「護憲+」ブログ
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示