改憲勢力の跋扈に「×」。

 今日は憲法記念日。

その趣旨は「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。」ということだそうだが、この立派な日本国憲法をまったく尊重することなく、改憲を画策する輩が跋扈し、暴言を撒き散らしている。

改憲派の目的は、9条の改変による自衛隊の国防軍化、集団的自衛権の行使に他ならないが、それがどういう結果をもたらすかは、10年前のイラク戦争を考えればよく分かるだろう。

当時の小泉総理は、さしたる確証もないまま始められたイラク戦争にすぐさま支持を表明し、戦闘地域の定義もあいまいなまま自衛隊を派遣した。

それでも9条の制限によって、自衛隊の活動は限定的なものに収まったが、もしこの時に改憲によって自衛隊が国防軍になっていたら、日本軍は何の制限もなく戦闘に参加し、罪のないイラクの人々を殺傷し、日本の兵士たちも多数死傷しただろう。

負傷しなかった兵士も帰国後PTSDに苦しめられ、負傷兵とともに生活苦に陥りホームレス生活に転落させられることは、アメリカの実例が示している。

また、対日感情の良かったアラブ諸国からも恨みを買い、テロの標的になる可能性も高まる。

東京マラソンでも、ボストンマラソンのようなテロが起きるかもしれない。

北朝鮮や尖閣問題に目を奪われ、9条を変えればすべてOKみたいに言ったり思ったりしている人が多いようだが、とんでもない。

改憲の本質は、日本軍を米軍の手先として使うことでしかない。

自分の大切な子や孫を戦地に送りたくない年配者、自分が戦地に行きたくない若者は、絶対に改憲を許さないで欲しい。

また、改憲の発議に賛成した国会議員には、その一族郎党すべて国防軍(実現させてはならないが)に入隊することを義務付けなければならない。

  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

憲法第13条

 憲法第13条について,もう少し書いてみます. 憲法であれ一般の法律であれ,次のことは言えるのでないでしょうか.a.個別の条文を見てそれだけで解釈するのでなく,前文や他の条...

あと2ヶ月

 あと2ヶ月だ.安倍首相は多分そう考えている.安倍政権や自民党が好意的に報道され,国民が好意的に受け取る.そういう状況が,あと2ヶ月続けば良い.  安倍氏の目標は憲法改

5/4: 経産相 原発安全性検証で新組織検討 原子力規制委員会とは別に? 安倍コベも大概に!!

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十期に入りました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子) 「護憲+」ブログ

あなた方が希望だ

Dr. Paul Craig Roberts 2013年5月2日 paulcraigroberts.org 読者の皆様 希望があるとすれば、読者の皆様方だ。 読者は真実を見いだそうという意欲をお持ちだ。 読者は既成概念にとらわれずに物事を考...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示