敦賀原発の廃炉決定に「○」

「○」 敦賀2号機直下の断層、活断層と認定へ…規制委
読売新聞 3月9日(土)0時5分配信

 日本原子力発電・敦賀原子力発電所(福井県)の敷地内の断層(破砕帯)調査で、原子力規制委員会の検証会合は8日、2号機の原子炉建屋直下にある断層について、事実上、活断層と認定した。

 活断層の真上に重要設備の建設はできないとする国の耐震指針に反することから、規制委は近く同原発の再稼働を認めない方針を正式決定する。

 安倍首相は施政方針演説で「原子力規制委の下で、新たな安全文化を創り上げる。その上で安全が確認された原発は再稼働する」と述べている。断層評価に関する実質的な議論はこの日でほぼ終了し、今後、日本原電が活断層認定を覆す新しいデータを追加で示せない限り、同原発は最終的に廃炉に追い込まれる公算が大きくなった。

 検証会合は、同原発を調査した専門家チームが1月にまとめた評価報告書案の妥当性を検討。「断層は過去13万年以内の活動を否定できず、活断層の可能性が高い」と結論づけた報告書案をおおむね追認した。


今朝の読売の1面トップ記事がこれだった。

この原子力規制委の決定について、読売がどういう評価をするのかと思ったら、案の定、「原子力規制委は場当たり的」と批判の解説記事を書いていた。

読売の反応は予想通りだが、一方、読売に批判されるとは、原子力規制委もなかなかやるではないか。

原子力規制委は、このまま日本中の原発を廃炉に追い込んでもらいたいと、切に願う。

  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示