「×」 環境悪化に加担する環境相。

「×」 原発ゼロ、白紙に…石原環境相「現実的でない」
読売新聞 12月28日(金)7時58分配信

 第2次安倍内閣が、民主党政権が掲げた「2030年代の原子力発電稼働ゼロ」目標をいったん白紙に戻すことが確実になった。

 石原環境相は就任翌日の27日、福島県を訪れ、「(原発稼働ゼロは)現実的ではない」と批判し、茂木経済産業相も就任直後の記者会見で「再検討が必要だ」と述べた。自民党は公明党との連立政権合意文書で、原発依存度を下げる方向で一致しており、今後、エネルギー政策全体をどのように見直すかが焦点になる。

 民主党政権は9月、原発の新増設を認めず、40年運転制限を厳格に適用することなどを盛り込んだ革新的エネルギー・環境戦略を策定した。しかし、中長期的なエネルギー政策の全体像を示す「エネルギー基本計画」は結局、同戦略に批判的な有識者委員会との溝が埋まらず、先送りされたままだ。


環境相である石原伸晃が、原発ゼロに文句をつけた。

環境省の仕事は環境の悪化を防ぐことなのに、まったく反対のことを言っている石原には、環境大臣の資格はない。

思い起こせば父親の石原慎太郎もかつて環境庁長官であり、その時には水俣病患者の直訴文に対して「IQの低い人が書いたような字だ」と言ったり、患者さんの中に「偽患者もいる」などと暴言を吐いた。

伸晃も生活保護のことを「ナマポ」と言ったり、まったく蛙の子は蛙というが、弱者を冒涜するところまでソックリとは、情けない親子だ。

伸晃は、親の犯した過ちを反面教師として、日本の環境を守る活動に専念しなければならない。

それができないのなら、即刻辞めろ!!

  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【合成の誤謬】リベラル敗北の総括

合成の誤謬とは、ミクロの視点では正しいことでも、それが合成されたマクロ(集計量)の世界では、かならずしも意図しない結果が生じることを指す経済学の用語を指す。(ウイキペデ...

12/29: 自ら狭い国土に、巨大な原発・地雷原を敷設! 「30年代ゼロ」 見直しと安倍首相・永久戦犯

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十期に入りました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子) 「護憲+」ブログ
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示