昨日とほぼ同じことになりますが、、、。

「×」 「維新」会見で“怒り新党”石原氏が記者に「なんだ、オメェ」
スポーツ報知 11月30日(金)7時3分配信

 日本維新の会は29日、石原代表と橋下代表代行が同席して都内で記者会見を行い、衆院選公約「骨太2013―2016」を発表した。公約は「賢く強く」をキーワードに、経済財政、社会保障、国家システム、エネルギー、外交・安全保障の5項目で構成され、自主憲法の制定を掲げるなど石原色の強いものとなった。

 公約の達成年限などは設けなかったが、橋下代行は「大きな方向性を示すのが僕ら政治家の役割。制度設計は官僚がするもの。批判されようが(内容を)詰めるつもりはない」と述べた。

 会見で2人はメディア批判に終始した。橋下代行は「今回のマニフェストに関してメディア、おかしいですよ」と述べると「今日の朝日新聞の社説に、脱原発の具体的工程表を示せって日本未来の党に言ってますけど、具体的な工程表は行政官僚が作るんですよ。政治家じゃない」と“天敵”を攻撃。石原代表も、記者の質問に「全くあなた、分かってないね」「つまらん質問して恥かかなくてもいいぞ」など、次々に威圧した。段取りを踏まえずに質問した記者に対しては「なんだ、オメェ」とにらみつけるなど、まさに“怒り新党”状態。衆院選に向けファイティングポーズをとり続けた。

 また、橋下代行は、竹島の領有権についての韓国人記者の質問に「国際司法裁判所について韓国、中国にぜひ言いたいのは、義務的受諾宣言というものをやってくださいよ。これは韓国と中国がまだ民主国家として先進国入りしていない、最大のウイークポイントですよ」。外交的問題を抱える両国も切り捨てた。


まったく品性下劣としか言いようのない、維新の代表・代表代行だ。

まるでナントカの親分と若頭とでも言おうか。

制度設計を官僚に任せておいて、官僚主導を打破できると思っているとしたら、あまりにも考えが甘いのではなかろうか。

支離滅裂だ。


それにしても、著名な建築家の安藤忠雄氏が、都知事選で猪瀬氏を応援しているところがテレビに出ていて驚いた。

石原都政で、何かおいしい思いがあったのだろうか。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

12/1: 「原発再稼働あり得ない」日本未来・嘉田代表 他方、維新ブレ捲り 首相思惑通り⁉か

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十期に入りました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子) 「護憲+」ブログ
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示