石原新党に「×」。

「×」 「石原新党」再び注目、尖閣国有化で活発に?
読売新聞 10月9日(火)10時11分配信

 東京都の石原慎太郎知事(80)が結成を目指す「石原新党」の行方に再び注目が集まっている。

 石原氏が最優先で取り組んできた都による尖閣諸島(沖縄県石垣市)の購入は国有化で実現しなかったことで、新党に関心が移ったとの見方があるためだ。民主党は新たな離党の呼び水にならないか警戒しており、石原氏の動向次第では、新党「日本維新の会」とあわせた「第3極」の動きが活発になりそうだ。

 石原氏は5日の定例記者会見で、新党について、「急転直下、どうなるか分からんね。人生何が起こるか分からんよ」と述べ、新党の可能性を探っていることをにじませた。

 実際、石原氏は尖閣諸島が国有化された9月中旬以降、たちあがれ日本の平沼代表、園田幹事長らと頻繁に会合を開き、新党の具体化を進めているという。

 「維新の会」代表の橋下徹大阪市長との連携にも依然意欲を見せ、「新党ができれば、衆院選の台風がもう一つ増える」(自民党関係者)との指摘は少なくない。たちあがれ日本には、「新党が結成されれば、立候補したい」との希望者も相次いでいる。


今更「石原新党」とは、悪い冗談ではないのか。

80歳のジジイが党首では、「石原旧人党」とでも名付けるべきだろう。

例の尖閣問題で、日本の自動車の中国での売り上げが大幅に落ち込んでいる。

慎太郎は「経済、経済と言うが、侍の気持ちを取り戻すべきだ」などとカッコつけたことを言って、自分が侍の気持ちを持っているとでも言うのだろうか。

都民の税金を横領して、好き勝手に豪遊するような人間に、侍の気持ちを云々する資格などあろうはずがない。

慎太郎はかつて「世の中で最も有害なのはババアだ」という、何の根拠もない暴言を吐いたが、世の中で最も有害なのは、石原慎太郎というジジイだということは、明々白々な事実だろう。

「侍の気持ち」などとカッコつけたいなら、まず都民から横領した税金を利子を付けて返済し、刑務所で罪を償ってからにしろ!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示