エセ「有識者」に「×」。

「×」 将来の原発比率、有識者会議が第2回会合
読売新聞 8月27日(月)13時51分配信

 政府は27日、将来の原子力発電の比率など、中長期のエネルギー政策について寄せられた国民の意見を詳細に分析する有識者会議「検証会合」の第2回会合を開いた。

 政府の調査では、2030年時点の原発依存度「0%」案支持が、意見公募(パブリックコメント)の全体集計で87%、全国11会場で行われた意見聴取会の会場アンケートでも81%に上っている。

 会合では、これらの調査について、委員から「強い意見を持っている人が集まり、少数派が沈黙した可能性がある。(意見の)理屈は参考になるが、(支持率の)数字はあまり参考にならない」(田中愛治・早大教授)との指摘があった。

 政府が今月4、5日に開催した「討論型世論調査」の討論を踏まえた調査で「0%」支持が46%だったことについて、「準備時間が短すぎた。結果が世論とは評価しない」(小林傳司・阪大教授)との意見が出された。



辞書を引いてみた。

「有識者」・・・学問があり、見識が高い人。

「有識者会議」・・・各界を代表する学識経験者や実務経験者などで構成される会議。主として国・地方自治体などの諮問機関として設置される。

「学識経験者」・・・学問上の知識と高い見識を持ち、生活経験が豊かであると社会が認めている人。

「見識」・・・物事を深く見通し、本質をとらえる、すぐれた判断力。ある物事に対する確かな考えや意見。識見。


今回の「有識者会議」のメンバーが、真に高い見識を持っているのか、大いに疑問だ。

というか、その発言から察するに、とてもそうは思えない。

長い時間と予算を掛けて行われた、意見聴取会・討論型世論調査・パブリックコメントの結果が、ひと握りのエセ「有識者」によってひっくり返されてしまうのであれば、それは全くの茶番劇でしかない。

どういう結果を出すのか、注目だ。


少し前から見始めた、自動車評論家 国沢さんのブログが面白い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日韓関係の拗れに思う

8月も間もなく終わろうとしている。これまで8月になると「あの戦争」に思いが向かい、内省的になるのが自然な心の動きであった。しかし、東日本大震災・福島原発事故以来、現在進...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示