護憲広告を非難する岩見隆夫に「×」。

「×」 サンデー時評:『朝日』に載った改憲反対の意見広告
2012年05月16日

 四月末、あるテレビ局の企画で〈日本の情報組織のあり方〉について議論した時、私は、対外情報の権威であり、公安調査庁の幹部だった菅沼光弘さんに問うてみた。
「日本には肝心な情報はないと言われてきた。これでは独立国として一人前の外交も、国土の防衛もできない。戦後、日本はなぜ貧弱な情報小国に甘んじてきたのか」
 と。菅沼さんの答えは、
「ああ、それは憲法のせいでしょうね」
 と簡潔だった。現行憲法の平和主義は、憲法さえあればいつまでも平和でいられるという幻想を生んでしまった。戦争を放棄して戦力不保持をうたい、〈平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して〉(憲法前文)いるのだから、他国が侵略してくるはずがない。従って、他国の秘密を探るような情報活動なんか必要としない、となってしまう。
 菅沼さんの答えは、そういう意味なのだろう。中国と北朝鮮の軍事脅威がしきりに言われるが、両国の情報を日本がどの程度深くつかんでいるか、まことに覚束ない。〈憲法のおかげ〉を口実に日々呑気に暮らしていていいはずがないのである。


全文は下記URLでどうぞ。

http://mainichi.jp/opinion/news/20120516org00m010001000c.html

憲法記念日に新聞に掲載された改憲反対の意見広告に、岩見隆夫がイチャモンを付けているが、公安調査長の元幹部の言い草を鵜呑みにした、昔ながらの改憲論に過ぎない。

日本の外交が貧相なのは、防衛力の裏打ちがないからだそうだが、では、軍事大国アメリカの外交はうまくいっているのだろうか。

外国に派兵して、戦闘員ばかりでなく一般市民を殺し、報復によってアメリカ兵も多数殺されている。

軍事力を傘に着た恫喝外交で、交渉がうまく進むとは思えない。

求められるのは、アメリカの軍事力を当てにしない、平和憲法をもとにした平和的外交だ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【護憲広告を非難する岩見隆夫に「×」。】

「×」 サンデー時評:『朝日』に載った改憲反対の意見広告2012年05月16日 四月末、あるテレビ局の企画で〈日本の情報組織のあり方〉について議論した時、私は、対外情報の権威であり
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示