六ヶ所村の溶融炉不具合に「○」

「○」 <六ケ所村>溶融炉に不具合 核燃料再処理工場
毎日新聞 1月30日(月)21時8分配信
 青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場で、高レベル放射性廃液とガラスを混ぜて溶かす溶融炉に不具合が生じ、稼働試験の準備作業が中断していることが30日分かった。日本原燃の川井吉彦社長が同日の定例記者会見で明らかにした。試験は相次ぐトラブルで08年12月に中断。1月24日、試験再開に向けた炉の確認作業に着手したばかりだった。原因は不明で復旧のめどは立っていない。国の核燃料サイクル政策見直しの動きに影響しかねない事態となっている。

 川井社長によると、4年前のトラブル時は未使用の「B系」の溶融炉を使用。24日から、放射性物質を含まない試験用の「模擬廃液」とガラスを混ぜたビーズを炉で溶かし処分容器に流下させる作業を始めたところ、流下速度が徐々に落ちた。作業を3回中断して炉にかくはん棒を入れ、回復を試みたが、不具合は解消していない。流下するガラスに含まれるはずのない数ミリ大の黒い異物が混入していることも判明。いずれも原因はわからず、試験再開のめどは立っていない。

 川井社長は「しばらく回復作業を続け、回復と原因究明に慎重に当たりたい」と説明。一方で、2月上旬に予定する試験再開や今年10月完工の計画は「目標を変えることなく努力したい」とし、現時点で炉を止めて検証する考えはないことを強調した。【山本佳孝】


高レベル放射性廃液のガラス固化試験再開を目指して、10日にガラス溶融路の熱上げを開始した日本原燃だが、熱上げが完了して試験を開始したとたん、溶融炉に不具合が生じた。

原因が分からないというのだから、致命的だ。

完成の目途のない核燃料の再処理なんかには早く見切りを付けて、自然エネルギーの開発に資源と予算を投入すべきだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

福島県民の静かなる怒り

「(原発事故の)収束宣言を聞いた時は『はぁ?』って感じでしたよ、実際」 「オレら、(原発)事故当日に相当(放射性物質を)浴びてると思いますよ」 これは仕事で福島県福島市を
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示