ゴーマン石原の芥川賞選考委員辞任に「○」

「○」 石原都知事に“反論” 芥川賞受賞の田中さん
テレビ朝日系(ANN) 1月18日(水)12時54分配信
 第146回芥川賞に決まった田中慎弥さん(39)は、候補作品全般を「リアリティーがない」と批判した石原東京都知事にやんわりと反論しました。

 「共喰い」で芥川賞を受賞・田中慎弥さん:「(シャーリー・マクレーンが)アカデミー賞を何度も候補になって、最後にもらった時に『私がもらって当然だと思う』と言ったそうですが、だいたいそういう感じ」
 一方で、選考委員の石原都知事が、候補作品全般について「人生を反映したリアリティーがない」などと発言したことについて、「受賞を断ったら都政が混乱する」などとかわしました。
 「共喰い」で芥川賞を受賞・田中慎弥さん:「断ったって聞いて気の小さい選考委員が倒れたりしたら都政が混乱しますので、都知事閣下と東京都民各位のためにもらっといてやる」
 芥川賞は、ほかに円城塔さんの「道化師の蝶」が受賞しました。


芥川賞を受賞した田中さん、なかなか面白いことを言ってますねえ。
この批判が影響したかどうかは知らないが、石原氏が芥川賞の選考委員を辞めることにしたそうだ。

石原氏「刺激にならない」と芥川賞選考委員辞意
読売新聞 1月18日(水)13時38分配信
 芥川賞の選考委員を務めている東京都の石原慎太郎知事は18日、報道陣に対し、「全然刺激にならない」と述べ、選考委員を今回限りで退く考えを明らかにした。

 石原知事は、「いつか若いやつが出てきて、足をすくわれる戦慄を期待していたが、刺激にならない。自分の人生にとって意味合いもない」と語った。

 石原知事は、1995年から同賞の選考委員に加わっていた。


それにしても石原氏、すべてが自分中心、自分の為になるかどうかだけが行動の基準という、ゴーマンの塊のような男だ。

かつて堀江謙一氏の太平洋単独横断にもケチをつけた様に、結局自分以外の者は評価できない、田中氏の言うように、「気の小さい」、度量の狭い男なのだろう。
大きな口は叩くが。

選考委員だけでなく、都知事の方も、早く辞めてもらいたいものだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

生存権としての居住の権利

今回は前回に引き続き、生存権の現代的展開として「居住権」の保障に触れる。 この問題に従来から積極的に論陣を張られたのは、神戸大学名誉教授の早川和男氏であった。早川氏はこ
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示