マグロの高値には驚いたが。

大間マグロ最高値奪還、報われた地元の熱意
読売新聞 1月5日(木)21時31分配信
 東京・築地の中央卸売市場で5日行われた初競りで史上最高値を2400万円上回る5649万円(269キロ)で競り落とされた青森・大間産の本マグロ。

 昨年、北海道・戸井産に譲った「最高値の座」を取り戻した陰には、休漁期間短縮などに取り組んだ地元の熱意があった。

 大間漁協によると、大間産は2001年に2020万円(202キロ)をつけて以来、10年まで初競り最高値の座を守ってきた。しかし、昨年の初競りで北海道・戸井産に3249万円(342キロ)の史上最高値が付き、「王座」を奪われた。

 昨年の初競りで高値がついた戸井産は、大間産と同じ漁場の津軽海峡で捕獲されたものだった。しかし、戸井産は大間漁協の正月休漁中だった1月4日に水揚げされたもので、年末の水揚げを出荷した大間産が苦杯をなめる形となった。

 昨年の雪辱に向け、漁師たちは今年の年始の休漁期間を短縮し、初出漁を例年の「1月6日」から「1月3日」に前倒しした。3~4日に水揚げした4本などを陸送し、築地に鮮度の良いマグロを届け、最高値更新に結びつけた。


マグロの最高値に沸く大間だが、大間と言えばもうひとつ大きな問題がある。

建設中の大間原発だ。

もし大間に原発が出来れば、風評被害は避けられないのではなかろうか。
マグロの価値は暴落し、漁師の努力も水泡に帰すだろう。

それ以前に、原発の温排水によって漁場の環境が変わり、マグロ自体が捕れなくなる恐れもある。

大間原発の完成を阻止しなければならない。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今年最大の課題

まだ屠蘇気分が抜けていないので、少し面食らっている。 しかし本気で考えてみると、今年は大震災の後始末のもっとも重大な一年になると考えられる。(この震災は、関東大震災と同じ...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示