日本の民主主義は、もう、死んでいる。

「×」 政府税調、民主党の消費税引き上げ案を了承
日本テレビ系(NNN) 12月30日(金)19時20分配信

 政府の税制調査会は30日、社会保障と税の一体改革をめぐり、消費税率を14年4月に8%、15年10月に10%まで引き上げるとした民主党案を了承した。

 消費税率を引き上げる際には、低所得者対策として、定額の現金給付などの措置が行われることになっている。一方、高所得者は課税が強化され、課税所得が5000万円超の人の所得税率が引き上げられることが、30日に決まった。

 政府は、年明けに社会保障と税の一体改革の素案を正式に決定するが、野党側は「公約違反だ」と批判を強めており、野田首相が目指す与野党の協議に入れるかは不透明な情勢。


民主党の会議で、藤井税調会長は「与党だからまとめて欲しい」と言い、野田総理は「政権与党はというのはつらいテーマ、苦しいテーマから逃げないことだ。」と言った。

これは言い方を変えれば、与党になったら選挙公約は無視して、官僚の言いなりになるということに他ならない。

総理は消費税増税を、「つらいテーマ、苦しいテーマ」と言うが、そんなものはつらくも苦しくもない、一番安直な道だ。
官僚と戦う道こそが、「つらく苦しいテーマ」だが、野田政権にそんな気概はまったくない。

国民の投票によって誕生した政権が、公約に基づいて法律を作り、政策を実行するのが民主主義の本来の姿だが、政府が公約を無視して、国民の審判を経ない官僚の言うなりになっている現在の日本では、民主主義はもう死んでいると言わざるを得ないだろう。

かつて村山政権は、「自衛隊は違憲」という社会党の党是を、与党になったという理由で破棄し、「合憲」に方針転換したが、その変節によって社会党は国民の支持を失い、分裂、消滅した。

このまま行けば、民主党も同じ道を辿るだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

原発廃止元年にしよう

2011年は、本当に悲しい年だった。地震・津波の被害は甚大だったが、そこから立ち上がる力はあると思った。しかし、福島第一原発事故には打ちのめされた。 見えないし臭いもしない放...

12/31: 大晦日 大震災・原発事故 あすへの希望持てる復興を 焦眉の急!

引用「護憲+」ブログ: 「護憲+」第九期スタート   (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示