原発再稼動と原発ベトナム輸出に「×」。



玄海原発4号機、地元町長が再稼働容認=週内にも営業運転へ



時事通信 11月1日(火)12時25分配信




 作業手順の誤りで自動停止している九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)4号機の再稼働をめぐり、玄海町の岸本英雄町長は1日、九電の山元春義副社長から説明を受けた後、記者団に対し「一定の納得をした」と述べ、運転再開を容認する見解を示した。国にも再発防止策の妥当性などを事前に確認したとしている。

 山元副社長は会談後、一両日中に4号機を再稼働させ、早ければ週内にも営業運転を開始できるとの見通しを記者団に表明。九電は再稼働に理解を得るため玄海町の全戸を回ったとしており、同席した玄海原発の村島正康所長は「町民にも納得していただいたと思っている」と強調した。
 






日本からベトナムへの原発輸出推進を確認 両国首脳会談



毎日中国経済 11月1日(火)14時25分配信




【新華社】 日本の野田佳彦首相は10月31日、訪日したベトナムのグエン・タン・ズン首相と会談し、日本からベトナムへの原発輸出の推進を確認、またレアアースの共同開発について合意した。



会談後に両首脳が発表した共同コミュニケでは「ベトナムは日本からの原子力発電技術の提供を熱望、日本は世界最高水準の原発技術の提供を保証する」とした。



ズン首相は同日午前に枝野幸男経済産業相と会談した際、「福島第1原発の事故に鑑み、われわれは日本がわが国に世界で最も安全な原発を建設してくれることを望む」と述べた。



ベトナム政府は昨年、同国中部に建設する原発2基に日本の技術を導入することを決めたが、今年3月の原発事故を受けて技術輸出は停滞していた。



レアアースの共同開発についても両国は昨年10月に合意していた。



(翻訳 孫義/編集翻訳 恩田有紀)


 


原発事故から何も学ばない、学ぼうとしない、金だけが大事な輩たち。

救いようがない○○。

つける薬がない。

死ななきゃ直らない。

死んでも直らない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示