年賀状もう届いた 各地でミス。

【怒】 記者手帳 年賀状誤配 民営化これで大丈夫?

 「元旦に楽しみにしていた年賀状が今日届くなんて」。受話器から響く主婦の声は、あきれていた。


 29日、高松市内の会社員宅に子年(ねどし)の年賀状131枚が誤って配達された。取材してみると、郵便事業会社が一番大切にしなければならない、はがきや手紙への対応に軽さを感じた。


 2008年の年賀状は郵政民営化後、最初の大事業といえ、緊張感があってしかるべき。ところが、事実関係の確認を求めた同社四国支社の担当者は当初、自信満々に「年賀状が今ごろ届くなんてことは絶対にあり得ません」と笑った。


 しかし、実際には希望すれば年内に配達する制度があり、事実、今回は利用客の取り違えという初歩的なミスが原因。がっかりするのは年賀状を出した方も同じ。知人男性は「いつも早く出せとPRするから急いで出したのに……。民営化して変わったんじゃないのか」と。大きな期待と不安をてんびん棒に民営化された郵便事業。どちらに傾くか。それを占うかのようなできごとだった。(畑夏月)

2007年12月30日  読売新聞)



この記事の香川以外でも、全国各地で誤配が起きているらしい。

案の定と言うか何と言うか、これまでの民営化の動きを見ていれば当然の成り行きだろう。

地方の集配局を廃止して効率化を図ったつもりだろうが、一部の局に仕事が集中してしまうため、ミスの可能性が高まるのは当たり前だ。



民営化でサービスの低下はないという約束だったはずだが、誤配と言うのはサービス低下以外の何物でもないだろう。

先が思いやられると言うものだ。


スポンサーサイト

コメント

No title

始めまして、仮)山田二郎です。

民営化と言う事は、利潤の追求からサービスの質まで民間並になると言う事。
郵政民営化に反対・賛成していた論客も、誰一人として郵政の配達品質が、民間では不可能である事を提言せずに、金融関連の事に終始していましたしね。

今は、まだ官営の縛りがありますから、目だっていませんが、今後法人客へのダンピング競争や、小荷物では、既に行われている下請けへの丸投げ行為が、信書関連でも行われていきますので、配達品質は悪い意味で、民間に近づく一方になるでしょう。(そもそも効率化しにくい人材集約型産業なんだから、人件費の叩きあい=低品質化に向かっていくしかない。)
ちなみに誤配や未着が増えたと言っても、ヤマトや佐川のメール便等に比較すると、遥かに高品質だったりもしますし、配達物の投棄などもダントツに発生率が少なかったりします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示