マスコミの煽りに「×」。

「○」「×」 関電の電力使用率、盆明けでも85% 大手工場の休業多く


産経新聞 8月17日(水)22時23分配信




 お盆休みを終える企業が出始めた17日、関西電力のピーク時間帯(午後2時台)の電力使用率は85%にとどまり、前日に「でんき予報」で示した92%を大きく下回った。この日の最高気温は関電の想定を上回るほどの地域が多かったが、それでも大きな誤差となったのは、大手企業の多くの工場が休業中だったためだ。誤差の大きさはでんき予報の信頼度の低下にもつながりそうだ。



 関電では「お盆明けが一つの正念場」(同社幹部)とみて、17日の電力需要を重視。大阪市の最高気温を34度の前提で予報を出したが、大阪管区気象台によると同日は大阪市で34・4度を観測したほか、堺市や京都府宮津市などで35度を超えた。



 しかし、午後2時台の使用電力は2528万キロワット(使用率85%)。お盆明けで工場を再開した企業もあり、前日のピーク時を約11%上回ったが、前日の「でんき予報」の2740万キロ(同92%)とは大きな差があった。



 電力の大口需要家である関西の製造業では、三菱電機の神戸製作所(神戸市)などが操業を再開。パナソニックは今週はほとんどの工場が休業しているほか、京セラも予定通り同日は大半の工場で休業した。



 関電の担当者は「予想以上にお盆明けの(企業の)戻りが遅かったようだ」と当惑。18日の「でんき予報」ではピーク時の使用電力を17日より多い2700万キロワット、電力使用率を90%とみている。




今朝の朝刊のトップは「電力不安 盆明け再燃」という記事だったが、ふたを開けてみれば何のことはない、余裕の盆明けとなった。

電力会社もマスコミも、ありもしない不安を煽るのはいいかげんに諦めて、停止している火力発電所の再開をどんどん進めなければならない。

泊原発の再開など、本当にとんでもないことだ。

今夜の所ジョージの番組で、北海道の海の幸を紹介していたが、ひとたび原発が事故を起こせば、それもこれもすべて終わりなのだ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示