ウソの求人で原発で働かせる。

 【怒】 ダンプ運転手募集→原発で労働…大阪あいりん地区でウソの求人

スポーツ報知 5月9日(月)8時5分配信



 日雇い労働者が多く集まる大阪・西成区のあいりん地区で、東日本大震災後、宮城県での運転手の求人に応募した男性労働者が、福島第1原発での労働を強いられていたことが8日、分かった。



関係者によると、財団法人「西成労働福祉センター」が3月17日ごろ、業者からの依頼をもとに「宮城県女川町、10トンダンプ運転手、日当1万2000円、30日間」との求人情報を掲示。採用された男性は東北に向かったが雇用期間中の3月25日ごろ、男性からセンターに「福島第1原発付近で、防護服を身に付けがれきの撤去作業をしている。求人は宮城だったのにどうなっているんだ」と電話があった。



センターが調査した結果、男性が一定期間、防護服を着て同原発の敷地内での作業に従事していたことが判明。労働者らを支援するNPO法人・釜ケ崎支援機構は「立場の弱い日雇い労働者をだまして危険な場所に送り込む行為で、許されない」と反発している。




原発労働では、常にウソとゴマカシがまかり通ってきたが、また同じことが繰り返された。

下の動画に、釜ケ崎での作業員集めの様子が紹介されている。(5分46秒あたりから)


 





そしてこちらでも、危険性は隠されていた。

 

鳥取岡山県境の人形峠、ウラン鉱採掘現場の動画だ。

この作業員の服装を見て、まさかウランを掘っているとは思えないのではないだろうか。

放射能に対する対策は、まったく行なわれていない。



しかし、たまに中央から検査にくる役人は、しっかり完全防備をしていたという。

現場作業員には、危険性がまったく知らされていなかったのだ。

それどころか、作業員の中にはウランは体に良いと思って鉱石を自宅に持ち帰り、風呂に入れていたという話もある。

 

そして多くの作業員が、病に倒れた。

 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示