「大連立」と石原の「花見禁止」に思う。

 【怒】 東日本大震災を拠りどころに、民主と自民の大連立が画策されているようだが、とんでもない事だ。
国民に愛想をつかされて政権を失った自民と、国民の期待を裏切り続ける菅政権の大連立など、いくら震災と言う非常事態下でも、あってはならない。



与野党が党利党略を捨て、被災者のことを最優先に考えて、迅速に法律を通せばいいだけのことだろう。

 

戦時中の挙国一致内閣のような、火事場泥棒的大連立は認められない。

 

戦時中の話といえば、また、石原慎太郎だ。




花見は自粛を=被災者に配慮必要―石原都知事


時事通信 3月29日(火)19時12分配信



 東京都の石原慎太郎知事は29日の記者会見で、東日本大震災に関連し、「桜が咲いたからといって、一杯飲んで歓談するような状況じゃない」と述べ、被災者に配慮して今春の花見は自粛すべきだとの考えを示した。

石原知事は「今ごろ、花見じゃない。同胞の痛みを分かち合うことで初めて連帯感が出来てくる」と指摘。さらに「(太平洋)戦争の時はみんな自分を抑え、こらえた。戦には敗れたが、あの時の日本人の連帯感は美しい」とも語った。

都は既に、花見の名所となっている一部の都立公園について、節電などのため入園者に宴会自粛を呼び掛けている。
 

花見の自粛になんで戦時中の話を持ち出さなければならないのか、この男の思考回路は理解に苦しむばかりだ。



当時の日本人がこらえていたのは、物理的に物がなかったことが最大の要因だろうし、隣組や国防婦人会、さらには憲兵や特高警察の監視もあったからではないのか。



石原氏の物言いには、「ぜいたくは敵だ。」「欲しがりません、勝つまでは。」の響きがある。

まさか、住民同士の密告や、公安警察の監視を企てているんじゃないだろうが。

 

こんな時代錯誤の軍国オヤジを当選させたりしないよう、都民の皆様にはよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

コメント

No title

見発言も仕方ないのでは?
「花見自粛は、仮設トイレを震災援助で貸出してて、また、輪電中の節電で夜間花見の臨時街灯はできないからという理由で公園課が決め、石原知事も認可した。」ということでしたので。
みんな野外で飲んだくれて、トイレに行列なんて女性にしてみたら地獄です…
桜が咲いただけでも、春を感じられて癒されるので、それぞれ季節感を味わい、楽しめばいいかと。
てかレンホウさんは節約(節電)大臣ではなかったですか?言っていることちなみに、ミスリード続きの政府が頼りないこの非常事態に、石原都知事のような人は貴重です。
御幣をまねく発言もありますが、この人ほどリーダーシップを発揮してくれる人物は今の日本にはいないでしょう…
早くも被災地と連携をとって被都民ボランティアの派遣や、被災地や企業支援の緊急対策の財源として1,000億円を確保するなど、次々と行動してますね。
政府のあいまいな対応が続く中、正常に機能しているのはこの人くらいでしょう。
都知事選も始まりましたが、この震災での騒動が続く中、東京都の中心人事が大きく動くのはリスクでしかありません。石原さんに今季も続投してほしいですね。
私は個人的には応援したい人物です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示