これこそアメリカの本音だ!!

 【怒】 「沖縄はゆすり名人」=米部長発言が波紋―沈静化に国務省躍起

時事通信 3月8日(火)16時14分配信





 【ワシントン時事】米国務省のケビン・メア日本部長が沖縄県民について「ゆすりの名人」などと侮辱的な発言をしていたことが分かり、日米両国で波紋を広げている。沖縄の猛反発で米軍普天間飛行場移設問題が一層こじれそうな展開に、同省は「沖縄の基地負担には感謝している」(クローリー次官補)と訴え沈静化に躍起だ。

発言は2010年12月、国務省内で行われた米国人大学生への講義で飛び出した。

出席者が作成した発言録によると、メア氏は「合意に基づく『和』の文化が日本文化」と説明。これに続けて「日本人は合意を模索するふりをしながら、できるだけ多くのカネを得ようとする。沖縄の人々は日本政府に対するごまかしとゆすりの名人だ」と語った。

また、日本の政治家は本音と建前を使い分けると指摘し「沖縄の政治家は日本政府との交渉で合意しても、地元に戻れば合意していないと言う」と発言。普天間問題に絡み「日本政府は沖縄県知事に『カネが欲しいなら(移設計画に)サインしろ』と言うべきだ」と述べた。

この他、「日本は憲法改正すれば、米軍を必要としなくなるかもしれない。米国は自国の利益増進のために日本の基地を使えなくなる」との見方を披露。在日米軍駐留経費の高額な日本側負担(思いやり予算)を得られる現状の方が好都合と強調したという。
 

盗人猛々しいとは、まさにこのことだ。

今まで、さんざん貢いで来た結果が、この暴言である。



しかし、これこそがアメリカの本音なのだろう。

日本の基地は「自国の利益増進のために」使っていると、正直に白状している。



こんな横暴で貪欲なアメリカのために、「思いやり予算」など払う必要があるのだろうか。

「日米同盟の深化」などとおめでたいことを言っていると、逆にいくらでもゆすり取られてしまうだろう。



在日米軍など、一日でも早くお引取り願いたいものだ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示