ウィキリークスを生み出したのはアメリカ自身だ。

 【怒】 かつて、ベトナム戦争反対のきっかけとなったのは、米軍の空爆から逃れようとするベトナム人少女の、一枚の写真だった。

その後、ベトナム反戦運動は大きなうねりとなり、やがてアメリカの敗北へと繋がっていく。

戦場の現実を伝えた、ジャーナリズムの勝利と言えるだろう。



しかしこれに懲りたアメリカ政府は、その後の湾岸戦争、アフガン戦争、イラク戦争では、徹底した報道管制を敷き、戦場の報道は強い規制を強いられた。

カタールのアルジャジーラを除いては、マスコミから流れてくるのは、アメリカに都合の良い情報ばかりとなった。



戦場の真実が伝わらない中、この状況に反旗を翻したのが、ウィキリークスだろう。

アメリカの戦争報道規制こそが、ウィキリークスの生みの親と言えるのではないだろうか。



そう言えば、ソ連の敵としてアルカイダを育てたのもアメリカだし、中南米に次々と左翼政権が生まれたのも、アメリカの強引な介入が原因と言えるだろう。



過去のアメリカの政策が、現在、自国に敵対する勢力となって跳ね返ってきている。

一言で言えば、自業自得だろう。



日米同盟最優先では、日本はアメリカの尻拭いをさせられるだけだ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示